形見の万年筆
e0011321_16102854.jpg

 母の遺品の万年筆が、半年近くかかった修理から戻って来た。

 元々は父が購入して愛用していたものだが、父が別のモンブランを入手した際に母に譲ったものと記憶している。遺品整理を一手に引き受けてくれている兄の好意でこの万年筆はオイラが貰い受けることになったが、残念なことに、オイラの手元に来た時には壊れて使用不能になってしまっていた。
 母が愛用していたのは覚えているものの、どの時点でどのようなことがあって壊れたのかは定かではない。なんと軸がペン先部分とインクボトル部分の2つに折れて分離してしまっていて、ペン先部分はキャップに入ったまま固着してしまっている状態。壊れたという表現よりは、完全に破壊されていると言うべき状態。

 何しろ母の遺品、つまりは「形見」ともいえるブツなので、「ダメもと」で修理依頼をしてみようと伊東屋に持ち込んで相談を開始したのが春のころ。
 伊東屋から日本国内のモンブランのサービスに問い合わせてもらったところ、案の定「部品が既に欠品で、修理不可能」とのこと。40年は経過してる万年筆だし、仕方ないような気もする。
 ところが、さすがのモンブランというか、万年筆というブツがそもそもそういうものなのか、「日本国内では修理不可能」ではあるものの「ドイツ本国に送れば修理可能」という回答。ただし、修理費用がいかほどになるのかは、現品確認の上で見積りをしてみないと分からないとのこと。そりゃそうだなと納得の回答。
 それなりに思い入れのある品だしと、修理見積りだけで幾ばくかの費用が発生してしまうのを覚悟して「ドイツ送り」をお願いすることにしたのが、梅雨のころ。
 しばらくしてドイツから見積りが届き、その金額で結構ですから修理してくださいとお願いしたのが、夏。
 そして待つこと数ヶ月。つい先日、伊東屋から「修理が完了して、帰って来ました」との知らせ。
 およそ半年をかけて、無事に修理完了。何の不具合もなく、使えるようになった。

 請求書には「ドイツ本社工房にてハンドクラフトリペアを行いました」てなことが書いてある。
 何でも、修理に必要な部品を新たに手仕事で作ったそうな。その種の手仕事に対応する工房、つまりは技術者と作業場所と材料が、本社内にちゃんと在るんだそうな。
 修理の完了した「形見」は、見違えるように輝いて新品のよう・・・ではなく、銀製のボディの輝きが復活してはいるものの、あちこちに残る傷はそのままだし、ペン先はもちろん「使い込んだ状態」のままのようだし、「修理したことが分からないような修理」に徹したようで、すこぶる気持ちがよい。

 「修理したことが分からないように修理する」というのは、もちろんそれなり以上の高い技術が必要なのだろうが、技術レベルが高いだけではなし得ないもの。
 価値観、意識、文化、はたまた哲学。あるいは、環境。それも、経済環境。そうそう、職人気質。さらにはプライド。あれこれ連想させてくれるが、とにかく「目先の現金」だけに奔走してるようでは決して実現できない「豊かさ」を感じてやまない。

 もちろん、「そこそこ高級な新品の万年筆」を入手できるほどの出費ではあったが、母のおかげで、そんな豊かさの一端を感じる機会を得られたのは、実に幸運。
e0011321_18382188.jpg
e0011321_1839840.jpg
e0011321_18385756.jpg
e0011321_18384252.jpg
 
[PR]
# by kaz-105 | 2014-12-15 18:40 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(0)
今年は少々早めのご登場です。
 毎年欠かさず飾ってはいるものの差し迫った日程で飾り付けるもんだから、新年を迎えてもしばらくは飾ったままってぇのが例年のパターンだったのですが、今年はなんと「11月中」に作業させていただきました。

 サンタくんとスノーマンくん。
 我が家のスーパースターくん、例年よりかなり早めのご登場です。
e0011321_18541541.jpg

e0011321_18544817.jpg

 今年も、ピカピカを細工して「バックライト付き」にしてあります。
 で、全体像はというと、こんな感じ。
e0011321_18562399.jpg

 例年は根っこの付いた生きたモミの木を用いるのですが、これが実に枯れやすく(世話が下手なだけかもしれませんが)何年も育てることが出来ない。初代は5年、二代目は3年てな感じで、何年か毎に新たな木を購入しておりました。で、昨年も新規に購入して飾り付けたのですが、なんとこれが夏を迎える前にご臨終。半年で枯らしちゃったワケです。
 ということは、今年も新たに木を購入しなきゃいけない、と。
 単なる好みではあるもののどうしても「プラッチックの木」に手を出す気になれない。だからまた「本物の木」を買いたいとは思うものの、どうせまたすぐに枯らしてしまうのかなぁって少々気を重くしてました。
 なもんで、今年は「切ったモミの木」を採用することにしました。
 「既に切ってある」ってぇことは、「植木鉢の花」ではなく、いわば「花瓶の切り花」なわけです。つまり、短期間楽しんだ後は「ゴミ」になる運命を避けられない。ちゃんとした植木なら何年も楽しめるのに、1シーズンでゴミになってしまう。これが「切ったモミの木」の採用を躊躇わせていた主要因なんですが、IKEAで売ってる「切ったモミの木」は、年明けに回収して「資源」として活用するんだとか。おまけに、回収に協力すると「売価と同額をキャッシュバックしてくれる」そうで、つまりは「タダ」ってこと。
 何となく言訳が成立してる気がして、IKEAの「切ったモミの木」を採用。
 年明けスグに「回収時期」が設定されてるので、例年のようにずるずると飾ったまま楽しんではいられないので、今年は早めに!という展開となりました。

 でね。
 件の「IKEAのツリー」ですが、発売開始直後に売り切れてしまうほどの大人気なんだそうで。
 なもんで、発売日の当日朝に駆けつけましたよ、IKEAに。
 噂通りに、すごい人出でした。開店前からずらっと行列。ちょとびっくり。平日の午前10時に行列ですよ。「クリスマスツリー」って、すごい人気なのね。

 その騒ぎに刺激されたワケではありませんが(思い切り影響されて釣られてる、とも言えそうですが)、2本購入して、今年は玄関先だけでなく中庭にも。
e0011321_1923166.jpg

 こちらは、天使くんたちが主役。
e0011321_19215221.jpg

[PR]
# by kaz-105 | 2014-11-27 19:25 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(0)
ラベル、作りました。
e0011321_13142529.jpg

 「設計」ではなく「デザイン」、「デザイン」というよりは「スケッチ」という感じなので、「本業」ではなく「趣味」の領域ではあるのですが、一応は「オイラのお作」と言えるものが出来上がったので紹介しちゃいます。

 ブルーベリーのジュースとブルーベリーの風味を加えたビールの「ラベル」のデザインなんぞを担当させていただきまして、このたび「製品」が手元に届きました。(実は、2週間ほど前に届いていたのだけど、紹介しようかどうしようか迷って放置状態でした。)
 この他に、ブルーベリーと言えば定番の「ジャム」もありまして、これのラベルもデザインしたんですが、ジャムは既に完売だそうで、オイラの手元には「製品」が届かず、ために写真が撮れなかったと。

 ま、この手のお仕事の常ではありまして、作ってる最中にはあれこれとホントに色々なコトを考えるワケです。役に立つことや立たないことを取り混ぜて、呆れるほど色々なコトを。
 制作途中であれば、そうした「考えたコト」のいくつかをクライアントとか関係者に説明して、ウケを狙ったり弾みをつけたりってなコトもするのですが、出来上がってしまった以上は何を言っても仕方ない。見たまんま、見えるまんま、です。

 で、これまたこの手のお仕事の常ですが、出来上がった途端に「次の機会があれば、ああしよう、こうしよう。次はもっと良いのができそう!」てなことを妄想しております。
 いやはや、おめでたい。「次」なんて、あるとは限らないのに。
[PR]
# by kaz-105 | 2014-11-13 13:37 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(0)
「みかん」が届いた!
e0011321_12105819.jpg

 大学進学とともに故郷を離れて数十年になるが、毎年欠かさずこの季節になると「みかん」が送られて来ていた。そして、家の中には「みかん箱」の空箱のいくつかは在るものというのが、同郷の方々の「常識」であろう。
 この春、故郷に居た母を亡くし「みかんを送ってくれてた人」が居なくなってしまったので、いよいよ「冬期の常識」もくつがえるのかなと思っていた。
 ところが。
 人の縁とは不思議なもので、ひょんなコトで同郷の若い方と知り合いになることができた。
 ありがたいことに、その方から昨夜届いたのが「みかん箱」。
 とりあえず、今年の冬は「冬期の常識」を維持できたようだ。

 で、届いた「みかん」は、「愛媛果試28号」てな名称のモノらしい。
 段ボール箱の中にごちゃごちゃっと裸でみかんが転がってるというのが「常態」だとオイラは思っていたのだが、こいつはきちんと整列して納まっている。聞くとたいそう高級なモノらしい。
 品種名は「愛媛果試28号」なのだが、「紅マドンナ」という別名があるそうな。
 でもって、「紅マドンナ」をいう名称は商標登録されており、しかして勝手に「紅マドンナ」と名乗ることはできず「媛まどんな」という別名を名乗って売っているものもあるとか。
 (ちなみに、「媛まどんな」にもRマークが付いてるみたい。ふぅぅん。。。)

 んと、これっていわゆる「ブランド戦略」ってヤツですかね。

 まぁ、懸命に働く農家の方々が多少とも収入を増やすことができる工夫なら良いことだと思うのですが、「美味しいモノをたんと作って、みんなで美味しい食生活を楽しみましょう」ってぇ素朴な発想からすると、「愛媛果試28号」とか「紅マドンナ」や「媛まどんな」とか何と呼ぼうが所詮「美味いみかん」であって「ミカンはミカンだろ」と思ってしまうフシには、この手の「ブランド戦略」とかいうモノって、何となく「作る苦労をしてる人でも、美味しく食べてる人でもない、第三の方々」のためのものでしかないような気がしてなりません。

 いや、イイんですよ。美味しいモノを美味しく食べられれば。
 でもね。「本店地下」とかに見に行くと、驚くような価格で売ってるワケ。
 でもって、この価格の中のどのくらいが生産者に届いてるのかなぁと考えると、なんか変だよなと思うワケ。
 だってね、脇に置いてある「ごく普通の温州ミカン」と比べてしまうと、「そこらの畑で放置しとけば勝手に育ってて、ミカンが自分で勝手に出荷してしまってる」ってな状況であっても、この価格差にはならないでしょと思ってしまうのですよ。

 ともあれ、ホントにホントに「美味しいミカン」なので、それをわざわざ送ってくれた若い知人に感謝、感謝なのです。
[PR]
# by kaz-105 | 2014-11-13 12:50 | 本日の頂きモノ | Trackback | Comments(0)
思いっきり踏んでくるように!
 「定期戦の遠征出発に立ち会いませんか?」とお誘いがあったので、ごく近所でもあることだし散歩がてらにカメラをぶら下げて見物して来た。
e0011321_1922107.jpg

 某大学の自動車部ボックス。
 ずらりと並ぶラリーやジムカーナを戦う競技車両に十数名の部員が乗り込み、はるか関西まで遠征だそうな。ボックス内の風景といい、部員たちの佇まいといい、何とも懐かしい感じがして、眺めてるだけで元気が貰える。

 今回のラリーは「ほとんどSSのみ」という設定らしいので、思う存分踏み切ってくるようにエールを送って・・・
 全車を見送った後、ほてほてと歩きながら思うことといったら、長期入院中の「赤い戦闘機」が早く戻って来ないかなぁってことばかり。
 もっとも、「赤い戦闘機」は「赤い買物車」になって帰って来る予定なので、彼らとはちょっと馴染まないんだけど。
 ・・・・やっぱ、戦闘機の方がいいかなぁぁ。。。
e0011321_19223590.jpg

e0011321_19224341.jpg

e0011321_19231382.jpg

 こちらは、遠征に同行するサービスカー。
 記念写真を撮るにあたって脇道に外されてしまって、かなり冷たい扱いをされてますが、ある意味、競技車両より「大事で重要な」クルマとも言えるので、忘れずに。
e0011321_1926404.jpg

[PR]
# by kaz-105 | 2014-09-11 19:30 | アルファで全開! | Trackback | Comments(0)
筆、もらったぁ!
e0011321_11303521.jpg

 一足早い誕生日プレゼントに、筆のセットをいただきました。
 使うのがもったいなく思えるような風情でして、ちと緊張するのですが、超喜んでおります。
 はてさて、これを使って何を描こうかなぁ。。。

 親しくさせていただいてる友人からの頂き物なんですが、毎年、あれこれと急所を突いて来るナイスなモノをくださいます。ありがたや、ありがたや。
 絶妙の急所突きをしてくれる抜群のセンスの持ち主が友人でいてくれることにも、ありがたや、ありがたや。
 オイラ、なぁんもお返し出来てないしぃぃ。。。あははは!
[PR]
# by kaz-105 | 2014-08-12 11:36 | 本日の頂きモノ | Trackback | Comments(1)
今夜はメキシカンナイト
e0011321_1513188.jpg

 メキシコから一時帰国している友人が、たんまりと食材を抱えて遊びに来てくれた。食材だけでなくメキシコ人の彼女も同伴なので、現地のナマの情報もたんまり。さらには、本人は写真と料理の専門家。
 かような条件が揃えば、もう「メキシカンナイト」するしかないでしょ。
 今夜はむーちょ盛り上がるに違いない。

 ちなみに件の友人、メキシコで取り貯めた写真による個展を新宿にあるニコンサロンで開催するにあたっての帰国。
 個展の案内はコチラ:
http://www.nikon-image.com/activity/salon/exhibition/2014/06_bis.htm#05
 土曜日にはギャラリートークも予定されているとかで、若干、緊張の色を隠せない。
 がんばれ!イチローくん!
[PR]
# by kaz-105 | 2014-06-26 15:24 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(0)
蠟燭と線香花火
 この春、故郷で一人暮らしをしていた母が亡くなり、何かと「各種手続き」だの「家のコト」だの片付けごとがあって、頻繁に帰省している。たまたま同じ県内で本業の現場が動き始め出張がてらに帰省日程を組むので、「現場定例打合せ」に合わせて「2週に1回」というペース。
 設計中には、現場が始まればちょくちょく顔を見せられるなんて目論見だったものの、全く異なる展開になってしまったがこればかりは仕方ない。
 で。
 そんな事情を知る親しい友人から、お供えをいただいたり、気晴らしグッズをいただいたり。
 有り難きかな、友人。
 今週初めの現場通いを兼ねた帰省で故郷に持ち帰ったのは、蜜蝋で作られたロウソクと、レトロ感いっぱいの線香花火。
 (実は、他にもいくつか頂いたものを持ち帰ったのだけど、写真を撮り忘れてしまった。いやはや、申し訳ない。)


 長さ7〜8cmの小さな、しかし何とも優しい風情のロウソクで、その炎もはかなく感じるほど美しい。
 知識不足で判然としないのだが、いわゆる和蠟燭とは形も芯も異なるのだけど、これも和蠟燭の一種なのかな。少なくとも、このロウソクの持つ風情は、洋モノではなく和モノだろうと思ってしまう。偏見かも知れないけれど。
e0011321_21321358.jpg

e0011321_21323146.jpg

 夜空に大きく大輪を描く打上げ花火も良いけれど、線香花火に勝る花火はないとも思っている。そしてコレは、火をつけるのが勿体なくなってしまうほど、その見た目が麗しい。
e0011321_21325734.jpg

e0011321_21353522.jpg

e0011321_213639.jpg

 自宅の、レンガ敷の縁側で、こじんまりと線香花火を楽しむ。
 いかにも、日本の夏。(まだ梅雨も明けてないけれど。)
e0011321_21362087.jpg

e0011321_21364931.jpg

e0011321_21372538.jpg

[PR]
# by kaz-105 | 2014-06-12 21:46 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(0)
季節の庭
 さして広くない、どちらかというと「ネコの額」ほどの小さな庭ではあるが、故郷の自宅の庭は、帰省の度に何かしらの花が咲いていて楽しませてくれる。
 今の季節はこれ。
 2週間前まではピンクのバラが見頃だったが、ピンクから白に装いが変わった。
e0011321_16513722.jpg

e0011321_16515539.jpg

e0011321_16521541.jpg

e0011321_16524117.jpg

[PR]
# by kaz-105 | 2014-06-12 16:53 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(0)
出発前に、記念写真
e0011321_1318117.jpg

 狭小住宅に住む哀しさ、徐々に増える様々なモノの中で置き場所に困ってしまい、すっかり日陰者になってしまってたイスを「里子」に出すことにしました。
 手に入れたのは20代後半の頃なので、30年近くも一緒に居たことになります。
 少なからず愛着もあるので、運び出される前に記念写真。
 改めて眺めると、やっぱキレイなイスだなぁと感慨ひとしお。

 ま、その筋の方でなくても一目で分かるとは思いますが、「正規品」じゃありません。
 かといって、ライセンス切れを良いことに巷に氾濫し始めた「怪しいバッタもの、怪しくないけどバッタもの」という類いでもありません。
 某美術系大学の学生が、学習の一環として自作した「素人(もしくは専門家の卵)の手作り品」です。なので、接合部の工作とか塗装の仕上がりとか、はたまた材料そのものとか、実に素人っぽくて微笑ましいものです。それでも、出版されている「オリジナル図面」を忠実に再現しようと頑張った成果は明らかで、このイスがどういう考えの元に作られているのかを雄弁に伝えてはくれます。

 で、里子に出す先ははというと・・・再び「学生」の元に帰ります。
 建築構造家を目指して大学院でお勉強中の友人の元へ。なんでも、この春に広い自室を手に入れたので置くスペースがあるんだとか。
 「カッコばかりではなく、実は意外に座り心地が良い」というのをじっくり味わいつつ、明日の建築を切り開いてくれればと、思うわけです。
[PR]
# by kaz-105 | 2014-06-05 13:34 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(0)