ENGINE LABELの展示会
e0011321_20172259.jpg

 エナミくんから案内メールをいただいていたので、ENGINE LABELの展示会に行ってきた。
 楽しみにしてたので柄にも無く「早め」に出かけたら、ずいぶんと「早過ぎ」たようで、会場に着いてみたらまだ準備中。邪魔しちゃイケナイとご挨拶もそこそこに、椅子とテーブルがセットされてる会場入口のテラスで待たせてもらった。
 で、その木陰のテラスのある「START LINE」という名前の会場が、実に居心地のいいステキな場所。こういう場所ならソコに座ってるだけで大満足で、「待っている」という感覚など希薄。どこがどうって特記するようなトコロのない単に「古い建物」なんだけど、敷地内の樹木が実に「イイ仕事」をしていて、建物の古さと呼応して実に落ち着いた雰囲気を作り出している。
 「敷地の有効利用」なんてぇ今どきの「常識」で考えてしまうと、少しでもたくさん「売れる床」を確保すべしってぇコトになって、容積率一杯に建物を建てるべく樹木なんぞはとっとと切ってしまうんだろう。少なくとも、樹木の存在による魅力アップを明らかな増収として金額化できないと、明らかな増収と思われている「床面積の確保」には対抗できない。おそらくは、オーナーの好みだけでなく、「建て直すのなら、今と同じような建て方は法規的に難しい」といった影の後押しのおかげもあっての「幸運な存続」が実現してるんだろうなぁなどと考えていたら・・・

 肝心の「展示会」の風景を写真に撮り忘れた。。。

 もちろん、会場そのものの魅力以上に魅力的な商品群が並べられていたのだが、全く写真を撮ってない。その詳細は、本家のウェブサイトやブログでご覧いただくしかない。
 ENGINE LABELのウェブサイトはコチラ→http://enginelabel.com/
 エナミくんのブログはコチラ→http://enamy.blog117.fc2.com/


e0011321_20464937.jpg オマケの写真は、この展示会の準備であまりに忙しく徹夜を覚悟している時にもかかわらず、全くのお遊びであるお化粧を手伝いに来てくれたエナミくんとの共同作業で完成した「シャア専用1750」の道ばた駐車風景。街中で見ると、「目立たない」と言うとウソになるとはいえ、思ったほど特異な存在には見えない。とはいえ、人目を引いてるのは確かで、中には前から後ろから「激写」していく方も居て、それは明らかに「1750」を撮っているのではなく「シャア」を撮ってるようだ。
 そして、本日のエナミくんはというと、展示会の接客で忙しいハズなのに、その接客の合間をぬって「そのへん、一回りして来ていいですか?」と数年ぶりに「なめレー号」のステアリングを握ってくれた。かつて某草耐久レースで総合優勝も経験したことのある「若頭くん」、健在である。
[PR]
by kaz-105 | 2009-06-30 20:56 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://cloitre.exblog.jp/tb/10529435
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by E at 2009-07-02 03:04 x
なめレー復活も近いですよ!(笑)
しかしシャア専用1750は速くてうるさい!あ、心地良い爆音ね!
Commented by kaz-105 at 2009-07-02 16:36
そりゃそうさ。
通常1750よりも、3倍速くて3倍うるさいんじゃん。


<< 本日は模擬試験 初夏な屋上 >>