自作カホン
e0011321_10553212.jpg

 ほぼ出来上がって、叩いて遊べるようになった自作のカホンであります。

 何年も前に、音楽系友人から「自作できるし、作ったら?」と勧められて以来ずっと「懸案事項」だった「カホン自作プロジェクト」。このほどようやく見通しが立ったというか、ほぼ出来たというか・・・ココから「完成」までが長そうな予感はありますが。

 胴(と言って良いのかどうか?)は、ラワンの無垢材。住宅新築現場で拾った端材を、大工さんに切ってもらいました。プロの切断ですから、そりゃもうサクっと簡単に組み上がったんですが・・・どういうわけだか、ずいぶんと背の高いカホンになってしまって、またがると足が床に届かない。。。ダメじゃん。高さ寸法、間違えてました。15cmも。とほほ。
 なもんで、一度組んだものをバラして、結局自分でのこぎりを持ってギコギコ切断です。「正しい寸法」の板に加工して組み直し。なんとか無事に「イスの高さ」くらいになりました。写真で分かるとおり、ウェグナーの座面とほぼ同じ高さ。
 打面は、ナラの練付合板。こちらは家具・内装系を得意とする友人が、出先の工場で端材を見つけて切り出してくれたもの。
 というわけで、材料は全て「端材」。格安で出来ております。

 しかして、その音はというと・・・そもそも打楽器を叩けないオイラが叩いても良い音には聞こえませんが、先日遊びに来たイリちゃんやユキチくんが叩くと、実にそれらしい音がします。ひとまず成功と言って良いでしょう。
 が、しかし。所用でお茶の水界隈に出かけたついでに楽器屋に立ち寄って、売ってる「本物」を見て来たんですが、やっぱレベルが違い過ぎ。まだまだ改良の余地はたくさんありそうです。
[PR]
by kaz-105 | 2010-04-27 11:08 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://cloitre.exblog.jp/tb/12547246
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みー at 2010-04-27 22:38 x
切れたギターの弦などを何本か、打面の裏側にちょっと浮かせて貼り付けて(スネアドラムのスナッピーの要領)、音にザリザリ感を出してみては??
Commented by kaz-105 at 2010-04-27 23:41
お古の弦を再利用した「スナッピー」は取付け済みなり。それなりにジャラジャラ音はするものの・・・要調整ってトコかな。


<< 最後の幕 タケノコ三昧 >>