最後の幕
e0011321_2004121.jpg

 閉場式が終わり、最後の幕が引かれた歌舞伎座。
 今夜の舞台は、まさに「総出演」。ま、最後の手締式は、勢揃いしてご挨拶するって演出なので、「総出演」というのが当たり前と言えば当たり前なんだけど。
 こういう「当たり前」なコトを、見る側、見せる側の双方が当たり前と了解した上でも、ワクワクと楽しめるというのは実に心地よいもの。この種の「お約束のある演し物」の美点のひとつ。
 今夜に限った困りものと言えば、どこを見ようか迷ってしまうというコト。いずれ劣らぬ5人の白拍子花子が同時に鐘と絡んで見栄を切られては、全体を絵として鑑賞したもんか、どれかの白拍子に注目したもんか、マジに目が泳いでしまう。いや、とにかくキレイだしイイんだけど。
 発売開始後5分で売り切れたというチケットを入手してくれた友人に感謝です。

 さて。
 これにて現歌舞伎座は活動終了。次なるは、新築オープンの3年後。クマセンセがどんな設計をするのか、楽しみやら恐いやら。
[PR]
by kaz-105 | 2010-04-30 20:00 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://cloitre.exblog.jp/tb/12565456
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nen at 2010-04-30 22:18 x
こんにちは。
歌舞伎座最後の手締めはネットニュースによると歌舞伎役者総勢200人とか・・・!
豪華すぎて目のやり場に困るとは、まさに極楽至極。
3年後の新歌舞伎座こけら落としに是非ご一緒したいものです、ハイ(笑)


<< 懐かしのバイク 自作カホン >>