琉球なジーンズ
e0011321_0294048.jpg

 お誘いを頂いたので「榎並崇統展@義志」というイベントのレセプション・パーティに行ってきた。
 実のところ、この種の賑やかなイベントに出かけることは珍しい。「お誘い」がほとんど来ないのがその理由。たまに家具や建材などのメーカーから展示会のお誘いなどは来るが、営業意図を伴って交友関係を広げることやそのために必須な営業トークといったものが極めて苦手なもので、よほど興味のあるものでなければ腰が上がらない。今回は、旧知の友人が手がける超お気に入りのジーンズに関わるものだし、一も二もなく自然に出かける気になった。
 はたして、展示してあった「とあるジーンズ」には感服。「商品」として見た場合には、その評価は微妙かも知れない。何しろ、高額に過ぎて買うヒトを選び過ぎる気がする。しかし、こうしたモノが高額にならざるを得ない「市場」の状況に対する憂慮を込めつつ、モノとしては最大限の絶賛を贈りたくなる。

 遠目にはごく普通のジーンズに見えなくもない。あえて言えば、その青色が、通常のジーンズに比べて極めて澄んだ色合いであることぐらいか。右の写真がそのジーンズなのだが、写真で見る限りは格別の特徴があるとは思いがたい。しかし、近寄って手に取ると、その違いは明白。色合いといい生地の質感といい、えも言われぬような秘めた優しさを感じさせるジーンズである。
 何でも、沖縄の職人さんによる手織りのデニム生地を用いてるのだそうな。もちろん、染めは正藍。まったくのハンドメイドで作り出された生地は、当然のように大量には生産できない。その絶対的な生産量の限界、そしてそれが故の高価格などによるのだろうが、ブツに付された解説によると、今回生産されたのは4サイズ各1着ずつ、計4着。世界にたった4本しか存在しないという、まさにスペシャル。

 生みの親のエナミくんは、数年前にガイコツ柄を織り込んだ琉球の生地によるジーンズというの生み出したこともあった。残念ながらソレの実物には触れていないが、写真でも十分に迫力を感じられるものであった。何しろ手織りで、絣のような幾何学的な繰り返し文様ではなく、「ガイコツ」という具象的な「絵」を描くという作業が、どれほど「面倒なコト」なのかは容易に想像できる。しかし、今回のジーンズを見て改めて納得したのだが、味わうべき「良さ」の本領は「柄」以上に生地そのものの風合であったのだろう。
 今回のジーンズ、分かりやすい「ガイコツ柄」という記号を取り去ってしまった上に、直に触れて初めて強烈な説得力を持つ生地そのものの質をさらに高めているようだ。デザイナーとしては、「分かりやすい記号」を削ってしまうのはかなりの「パワー」がなくちゃ出来るコトではない。

 今のご時世、「分かりやすいモノ」で溢れている。誰にでも理解できる「分かりやすさ」というものは決して悪いことではなく、むしろ望ましいものではある。しかし、何でもかんでも誰にでも分かるモノになってしまって、「分かるヒトには、分かる」という向きが無くなってしまっては、文化や楽しみの深みも広がりも乏しいものになってしまう。ただし、「分かるヒトには」という部分が、あまりに高尚・難解に過ぎるものばかりだと妙なエリート意識の元になって、これまた貧しいものになってしまう。
 さて、この沖縄産ジーンズ。見た目に決定的な違いはない。分かるヒトが見れば、一目見ただけでも「タダモノではない」ことが分かるだろうが、素人が即座に理解するのは容易ではないだろう。ところが、見た目で即断することが難しくとも、手に触れてしまえば誰にでも分かる。それがナニであるか理解できずとも、それが何やら他とは違って具合がすこぶる良いことは感じられる。この点においては、実に「分かりやすい」。
 加えて、その「タダモノではない」という部分は「琉球の染織り」によってもたらされているのだが、「伝統的」とか「ハンドメイド」とか、それ故に「高級、貴重」とか言われるものの、よくよく考えれば、琉球土着の手工業であり地域的な特徴豊かなものではあっても「藍染め、手織り」は決して「希少」なものではなかったはず。何しろ、納税のために生産が奨励されたなんて歴史を持つものだし。ハイソのための特別品だけでなく、庶民のための日常品としてごくごく身近に存在したはずのものである。
 つまり。
 この沖縄産ジーンズは、記号的な部分においては極めて「分かるヒト」を選ぶものの、実質の部分では誰もが「分かるヒト」になれる分かりやすさを持っている。
 大きなブランドマークを貼付けて記号的な分かりやすさをアピールしたり、その歴史や背景を次世代へつながる活きた智恵ではなく単なる「コンパ芸のような蘊蓄」として分かりやすく固定してしまい、実質の部分ではその差異や利点が極めて曖昧でむしろ「分かるヒト」を選ぶというモノとは、「分かりやすさ」のベクトルや次元がまるきり異なる。

 エナミくん自身によるイベント案内はコチラ→榎並崇統展@義志」
[PR]
by kaz-105 | 2010-05-23 00:26 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://cloitre.exblog.jp/tb/12685032
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Tenami105 at 2010-05-25 02:45 x
すばらしい!
創った人より説明がうまい!(笑)
Commented by kaz-105 at 2010-05-25 13:17
自らコメント、感謝でおま。
いやぁ、いつもながら、
「めっちゃ欲しい!めちゃくちゃ欲しい!でも、高い!」なモノ創りに触れ、
楽しゅうございました。感謝でおま。
Commented at 2010-05-25 21:54
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< ライブ前夜 おお!無事かぁ! >>