石鹸屋さん、登場!
e0011321_1531121.jpg

 作ってる最中は、マジにカスタードクリームに見えて実に美味しそう。が、うかつに触るとタイヘンなことになります。何しろモノは基本的に「水酸化ナトリウム溶液」だし。
 ずいぶんと前、かれこれ20年近く前に「アレッポの石鹸」なるオリーブオイルの石鹸を知って以来、ずっと「その手の石鹸」を使ってますが、これがなかなか、お安くなくて。単なるオリーブオイルの石鹸、もしくはマルセイユ石鹸なんざ、高いといっても知れたもん・・・とは言えない家計の事情というヤツです。
 如何にしてお気に入りの石鹸を安価に手に入れるか。そのひとつの方法が、自作です。

 というわけで、ストックが心細くなったので石鹸製作中であります。
 左の写真は「材料を混ぜてるトコ」。右の写真は、本日製作した石鹸の材料たち。あれこれとたくさん並んでいますが、要するに「オリーブオイル」と「水酸化ナトリウム」、それに「蒸留水」ってのが主だったモノで、その他は「香り」を代表にお好みで加える「添加物」の類い。
 女子的には、充実のバスタイムを目指して添加物にこだわりがあるようですが、とにかく泡立って汚れが落ちて、キレイ!サッパリ!になればイイという向きには興味も薄く、本日並んだ面々が何でどうなってるのやらさっぱり分かりません。蜂蜜やらラベンダーやらミントやら、(高価らしい)シアバターやら、あれこれ使うんだそうな。
e0011321_15311670.jpg

 で、混ぜて混ぜて、放置してるトコ。水と油を混ぜたもんなので、分離しないように定期的に混ぜなきゃいけないそうで。混ぜて放置、混ぜて放置、を繰り返してると徐々に固くなってきまして、混ぜ合わせてから1日2日経った頃に「いい頃合いの固さ」になりまして、型に入れます。
 あ、型に入れる直前に、前述の「添加物」たちを加えます。モノによっちゃ最初から混ぜちゃうヤツもあるそうな。そのあたりは、詳しく知ろうという熱意がなく、かつ入れ忘れても石鹸になるのには違いがないだろと思ってるので、覚えられません。
 この後は、ひたすら放置。最初のうちは「保温」するんだそうで。ブツは反応熱でほんわかと暖かいんですが、その熱をなるべく逃がさないようにして反応を進めるんだそうで。自分の発する熱でさらに反応が進むってなハナシは、どこだかに似てますが、こちらは出来上がりが石鹸なので平和そのものです。ある程度進んだところで、保温は止めて、そこらに放置。1ヶ月もすれば、使えるようになるとか。使う前には、一応、phチェックなんぞをします。万が一、調合を間違えててアルカリが残ってるとヤバいですから。
 さて、これで向こう1年くらいは石鹸の心配はしなくて済みます。
[PR]
by kaz-105 | 2011-05-31 16:08 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cloitre.exblog.jp/tb/14872977
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 桃! 筍 >>