合歓花
e0011321_19355138.jpg

 「ネムノキ」ってぇコトバは以前から知ってました。が、ソレが植物の名前らしいとは知っているものの、どのような風情の植物なのか、実のところ定かには知りませんでした。(ま、植物に関する知識がその程度でも「ランドスケープ・アーキテクト」を自称して仕事してた時期があったりするのは、ある意味、日本はイイ国なんだってコトで・・・。)
 ここ数日、とある仕事(本業の建築設計)で四国出張に出てました。四国出張となるとお泊りは久しぶりの我が家というコト。久しぶりの温泉だの魚だのを楽しんだワケですが・・・庭に「ネムノキ」があることを発見(というか、コレがネムノキだよと教えられたワケですが)。いつのまに。

 花が咲いております。
 左は朝の状況。右はその前夜、夜の状況。
 庭の世話をする母によると、夕刻から咲き始めて夜には満開(と呼ぶべきかどうか微妙ですが)になり、まるでタンポポの種のような綿帽子状態になった後、夜が明けて明るくなるとしんなりと垂れ下がり始めるとか。対して、葉っぱは、昼間はしゃきっと元気そうながら、夜になるとぐったり垂れ下がって休憩中な感じになってます。
 なんとも不思議な風情。「合歓」と書いて「ネム」なんですが、夜になると休憩しちゃう葉っぱを称して「眠る」ってぇ語がモトになってるらしく。

 写真じゃ2つしか咲いてませんが、つい数日前には一度に10ほども咲いていたとか。でもって、その景色はたいそうカワイかったとか。うぅぅん、ちょっと見たかったかも。来年、機会があるかなぁ。
[PR]
by kaz-105 | 2011-07-05 19:56 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://cloitre.exblog.jp/tb/15067580
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kanami at 2011-07-08 14:52 x
御無沙汰してます。
ちょっと違いますが、ネムノキの仲間のオジギソウ。中国の友人は、「害羞(←恥ずかしいの意)だから葉っぱが閉じるんだよ」って言ってましたのを思い出して。。。
来年、見に行きたーい。
Commented by kaz-105 at 2011-07-23 20:56
おお、kanamiちゃん!
おひさしぶりぃ!
ネムノキも中国由来の植物なんだろうねぇ、きっと。


<< 祝・退院! 桃! >>