木の箱
e0011321_16395741.jpg

 なんてことない「木の箱」なんだけど、このくたびれ感が何とも言えずイイなと。

 しばらく楽しんだ「雛飾り」を本日やっと片付けまして、この箱の中でお雛様たちがお休みになってるわけです。ま、平たく言うと、雛人形収納箱と。当初から雛人形を収納するためにある箱ではなくて、たまたまちょうど良い大きさ、形だったので雛人形収納用に転用しただけの、普通の箱です。

 この手の「普通の木の箱」って、新たに入手しようとするとなかなか難しいんですよね。ハナシが大げさになり過ぎる傾向があります。「漆塗りの文箱」なんていって探すと、えっらいコトになります。
 いつの頃からか、「普通のもの」が普通には存在しなくなってしまってます。哀しいことです。
[PR]
by kaz-105 | 2012-03-29 16:37 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cloitre.exblog.jp/tb/17634995
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< お茶休憩 プラン検討中 >>