あけましておめでとうございます
e0011321_1451581.jpg

 新年と言ってもすでに6日ですからすっかりご挨拶が遅くなってしまってますが、あけましておめでとうございます。
 今年は、実に素直に、正月飾りを鼻先にくっつけた「赤い戦闘機」からスタートでございます。

 昨今では、お飾りを付けたクルマに遭遇することも珍しくなりました。「クルマにお飾り」というのも、よくよく考えると妙な気もしないではないですが、個人的には「お気に入りの風物詩」ですし、イイもんだなと。たかだか100年程度の時間しか経てなくても「古来より伝統の」と表現してはばからないご時世にあっては、コレも「伝統的な」と言ってしまいましょう。(ま、コレは、100年どころか50年程度のもんじゃないかと思いますが)。

 昨年の新年は、暮れに大風邪をひいてしまい風邪菌を老母の住む家に持ち込む訳にはいかないと帰省を断念したもんで、東京での年越しでしたが、今年は無事に帰省することができました。
 暮れは帰省に出るギリギリまで来客ラッシュで楽しませてもらい、年明けはというと、本日渋谷に戻って来た途端に、目前に迫った「締切」のためにデスクに向かっていまして、東京に居る限りは何かと慌ただしいものですが、それもまた有り難いことかなと。
 一方、故郷での年越しはと言うと、インターネット環境のないトコで過ごす日々でして、加えて昨今流行の「スマホ(スマフォ?)」なんぞを持っていないもんで、これがもう「のんびり静か」の極み。かつては「電話とファックスのないトコロへ行けば、のんびりできる」てなコトを言ったもんですが、今は「ネットのないトコロへ行けば、のんびりできる」ですね。
 おかげで、新年のご挨拶が6日になってしまっている、という次第ですが。

 とにかく。
 Noネットのおかげか、はたまた土地柄なのか、故郷での新年は実にのんびりのどかに過ごすことができました。
e0011321_14191429.jpg

 母に付合って新年恒例の茶会のいくつかに出かけましたが、それはそれで楽しいものの、やはり落ち着くのは自宅での一服。今年は正月らしく「花びら餅」なんぞを楽しみました。もっとも、田舎で手に入る「花びら餅」なので、まま、それなりと言いますか。雰囲気重視ということで、ひとまず満足。
e0011321_14263940.jpg

 帰省といえば、道後温泉。これは決して外せません。
 しっかりと、新年のお風呂を楽しませていただきました。
 休憩用の座敷には、正月飾りがしっかり。
 ただねぇ、干し柿だのスルメだのが「透明セロファン袋入り」なのは、興ざめ。「ホコリが・・。お掃除が・・。」てなコトを考えると、この方が「簡単」なんでしょうが、極めて興ざめ。
 せっかく観光客や地元の方々で普段にはない賑わいな上に、「道後温泉」それも「本館」と言えば当地の観光の目玉なんですから(目玉というか、「コレしかない」と言っても過言ではないかと)、「袋入り」のまんまなんぞではなく、シャキっと「らしい風情」を見せて欲しいもんです。
 ・・・ま、「キメるべきところをキメる」というのは、何ごとにつけ難しいもんではありますが。


e0011321_14364068.jpg

 そして、本日(6日)の朝。
 昨夜から夜通しで高速道路を走り抜け、東京へ戻って来まして、たまたま正月帰国していた友人と朝食を囲んで再会。再会を果たした彼女の宿泊するホテル客室からは、富士山が見えました。
 富士山の足下を走り抜けて来たんですが、夜の暗いうちに走り抜けたもんで、お姿を拝めませんでした。ありがたや、ありがたや。
 「富士山がキレイよ!上がって来て!」と言ってくれた友人に感謝でございます。

 ともあれ。
 あっちゃこっちゃで慌ただしさや危うさや怪しさがどんどん増してる気のするここ数年ですが、今年が皆様にとって素晴らしい年となりますように。
 今年もよろしくお願いします。
[PR]
by kaz-105 | 2014-01-06 14:50 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cloitre.exblog.jp/tb/21538901
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 今年最初の雪遊び やっと一件落着 >>