今年は少々早めのご登場です。
 毎年欠かさず飾ってはいるものの差し迫った日程で飾り付けるもんだから、新年を迎えてもしばらくは飾ったままってぇのが例年のパターンだったのですが、今年はなんと「11月中」に作業させていただきました。

 サンタくんとスノーマンくん。
 我が家のスーパースターくん、例年よりかなり早めのご登場です。
e0011321_18541541.jpg

e0011321_18544817.jpg

 今年も、ピカピカを細工して「バックライト付き」にしてあります。
 で、全体像はというと、こんな感じ。
e0011321_18562399.jpg

 例年は根っこの付いた生きたモミの木を用いるのですが、これが実に枯れやすく(世話が下手なだけかもしれませんが)何年も育てることが出来ない。初代は5年、二代目は3年てな感じで、何年か毎に新たな木を購入しておりました。で、昨年も新規に購入して飾り付けたのですが、なんとこれが夏を迎える前にご臨終。半年で枯らしちゃったワケです。
 ということは、今年も新たに木を購入しなきゃいけない、と。
 単なる好みではあるもののどうしても「プラッチックの木」に手を出す気になれない。だからまた「本物の木」を買いたいとは思うものの、どうせまたすぐに枯らしてしまうのかなぁって少々気を重くしてました。
 なもんで、今年は「切ったモミの木」を採用することにしました。
 「既に切ってある」ってぇことは、「植木鉢の花」ではなく、いわば「花瓶の切り花」なわけです。つまり、短期間楽しんだ後は「ゴミ」になる運命を避けられない。ちゃんとした植木なら何年も楽しめるのに、1シーズンでゴミになってしまう。これが「切ったモミの木」の採用を躊躇わせていた主要因なんですが、IKEAで売ってる「切ったモミの木」は、年明けに回収して「資源」として活用するんだとか。おまけに、回収に協力すると「売価と同額をキャッシュバックしてくれる」そうで、つまりは「タダ」ってこと。
 何となく言訳が成立してる気がして、IKEAの「切ったモミの木」を採用。
 年明けスグに「回収時期」が設定されてるので、例年のようにずるずると飾ったまま楽しんではいられないので、今年は早めに!という展開となりました。

 でね。
 件の「IKEAのツリー」ですが、発売開始直後に売り切れてしまうほどの大人気なんだそうで。
 なもんで、発売日の当日朝に駆けつけましたよ、IKEAに。
 噂通りに、すごい人出でした。開店前からずらっと行列。ちょとびっくり。平日の午前10時に行列ですよ。「クリスマスツリー」って、すごい人気なのね。

 その騒ぎに刺激されたワケではありませんが(思い切り影響されて釣られてる、とも言えそうですが)、2本購入して、今年は玄関先だけでなく中庭にも。
e0011321_1923166.jpg

 こちらは、天使くんたちが主役。
e0011321_19215221.jpg

[PR]
by kaz-105 | 2014-11-27 19:25 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cloitre.exblog.jp/tb/22604261
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 形見の万年筆 ラベル、作りました。 >>