コンサート
e0011321_21251676.jpg

クラシック番組の公開録画があるとかで、オペラシティまでお出かけしました。
箱の居心地は良いのだけど、演奏はいまいち。
無料だし文句はないんだけど……やっぱさぁ、金管がさぁ、決まらないとさぁ、迫力がさぁ…。

そういや、去年の暮れに聞いた別のコンサートでも金管に不満があったしぃ。。。



なぜに金管が決まらないのか、素人なりに考えてみました。

素人なので、極めて単純な発想であります。
「選手層が浅くて、結果的にトップレベルの人材に限りがあるのでは?」
そして、「練習&本番の機会があまりに少なくて、慣れることが出来ないのでは?」

50人程度の楽団があるとして、
バイオリンさんなら15人とか20人とかずらりと並んでるんだけど、
金管さんは全部まとめて10人くらいな感じに見えます。
トロンボーンとか、ひとつの金管楽器に関して言えば、2人とかなわけです。
(オーケストラの編成って、なんか決まりがあるんでしょうが、よく知らないから見た感じで書いてます・・・)

ってことは・・・ですね。
日本に存在する交響楽団がいくつあるのか知らないけれど、
その交響楽団数×2人もしくは4人ってなとこが、
「楽団員としての就職先」ってことになりそうな感じがします。
各都道府県に1個ずつプロの交響楽団が存在したとしても、
ひとつの金管楽器に関して言えば、「プロ」の数は合計で150人とか200人てな計算になってしまいます。
これって・・・めっちゃ少なくない???
バイオリンなら1楽団20人とか30人とかでしょうから、15倍の就職口はあるわけです。

しかも、プロ活動できる「期間」って、スポーツほど短くはないだろうから、
入れ替わりってそんなに頻繁じゃないですよね。
ってことは、
こりゃホントに「就職難」な、つまりは目指しても食うのが難しい道ってことでして、
それじゃ目指す人口は増えそうにないと。
裾野が広がる可能性は低いと。
んで、結果として・・・
バチッと決まる演奏が出来るチームが、生まれにくくなってるんじゃないかと

おまけに、日本ってクラシックのコンサート回数も少ないだろうし。
フランスとかにいると、ごく普通にそこいらの教会とかで大小様々なコンサートやってるのに。
ってことは、「本番に慣れる」って機会も少なくなるわけで。

競技人口少ないわ、試合数少ないわって、これって、Jリーグ以前の日本のサッカーみたい。

てなことを考えながら、今夜は珍しく「フィッシュ&チップス」なんぞ食いながらギネスを飲んで帰ってまいりました。
[PR]
by kaz-105 | 2006-01-25 21:25 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://cloitre.exblog.jp/tb/2578771
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by RX-mikitty at 2006-01-30 12:08
こんにちは☆トロンボーン奏者を目指していたみきてぃです!
交響楽団の就職について、かつて悩んでいたので、出てきてしまいました。

私はトロンボーンで音大を目指していて、Tbの家庭教師の先生についていました。なんとかソロコンで賞を取れるレベルにまではなったのですが・・・。

就職がないんですよね、Tb吹きは。kazさんのおっしゃるとおりです。
交響楽団の団員になりたくても、音大卒業したくらいじゃ職はなくて、フランスやオーストリアに留学し、コンクールで賞とって帰ってきても、席に空きがなくて募集さえなく・・・ただのニートです。。。

金管はピアノと違ってつぶしも利かないし、特待で音大に入っても留学する程裕福でもないし・・・。「才能なんて、湯水のようにお金を注いだ後の話」な世界です。。。

私もすごく悩みましたが、国費留学して交響楽団に入る(全国1~2を争う)実力は自分にはないと思い、吹奏楽部がある普通の大学に入学し、普通の会社員になってしまいました。

週末Tb吹きの愚痴でした。長々語ってしまってすみません!
Commented by kaz-105 at 2006-01-31 12:24
ソロコンで賞を取れるレベルって、スゴイじゃないですか!
「週末Tb吹き」ってことは、まだまだ現役っすね。
腹を満たす職にはならなくても、楽しく生きるための「手に職」なのは間違いないし、そりゃ素晴らしいことですよ。

日本の小中学校って「ブラスバンド」が結構盛んなので、ラッパ吹いたことのある人って結構多いはずだし、「大人のブラスバンド愛好会」とかがた~くさん増えてもっともっと一般的になって欲しいもんです。
そうすりゃ、「騒音」だと思われることも少なくなるだろうし、練習場所や演奏場所に困ることも少なくなりそうだし。
そこらの街角にサッカーボールを持った少年が居たり、ギターを抱えた青年が居るように、ラッパ持ってる人が居てもイイと思うんですよね。
Commented by RX-mikitty at 2006-01-31 15:37
「素晴らしい」って言っていただけて、すごく嬉しいです。「楽しく生きるための手に職」って、ステキな考え方ですね!!

近所の国道沿いで、たまにSAX吹いてるおじさんを見かけます。騒音対策かな(^_^;)ほんと、ラッパ吹きももっと一般的になって欲しいですね。

一般的になるために、私もアマチュア活動がんばります!


<< ネット上の鑑定モノ ジュリアで雪道 >>