人は、化けるべくして化ける
オリンピックのおかげで、常日頃の睡眠不足にさらに拍車がかかって睡眠不足な毎日を送っております。
本日は女子フィギュアの決勝。未明からスタンバイしてしっかりライブで堪能いたしました。

荒川選手、金メダルお見事でした。
村主選手、もう一息の4位だけど、素晴らしい演技でした。
今回のオリンピック、日本チームはメダルなしかなぁとも思っていたわけで、日本女子カーリングの予選敗退でオリンピックは終了した気分でもあったわけですが、どっこい「そうそう、キミたちがいたねぇ!」と納得させられました。
e0011321_15594823.jpg
にしても、シズカちゃん、どうしちゃったんでしょ?
そんなにフィギュアに詳しいわけじゃないので偉そうなコトは言っちゃいけないんですが、どうにも今までに見たことのある荒川の演技とは「異なる印象」のモノであった気がしてなりません。

学生劇団の新人公演とかでは、公演日に向けて練習に励むわけですが、なにせ「新人」ですから芝居がちぐはぐで、なかなか上手くできません。あれこれ改善改良の工夫を尽くしてもイイ演技にならなくて、「ああ、こりゃダメだなぁ。モノにならないかも。」と自他ともに追い詰められた果てに、ピンホールのような穴を通って「次のレベル」へ突破できる瞬間が来ることがあります。今までとは全く異次元なレベル。これを「化ける」と呼んでました。

これまでどちらかというと、勢いはあれどどことなく硬くて、技術はすごくて感心するんだけど感動とは違ってるってな印象をもってましたが、今朝の演技は全く違いました。あんなに柔らかく流れるような動きができるなんて。
ワンステップですら納得させられる圧倒的な説得力を持つスルツカヤに比べると、迫力という点では少々譲るかなと思いますが、何気に高難度の技をこなし、優しく柔らかく大きな流れを全く破綻なく構成して1本の表現として完成させるってのが出来ていたように思うんですよ。
「アラカワ、化けたな。」
これが感想でした。

行き詰まった時にじっと待ってても「化け」は訪れてくれるわけじゃなくて、何も準備しないで今まで出来なかったことが出来るようになるなんてことはあるはずないわけで、緻密に周到に「出来るようになる過程」を歩み続け、なお不足する「ヒラメキ」を呼び込んで、初めて「化ける」トコロに到達できるんだろうと思います。
体育会系では、そういう行動を「努力」とか「鍛錬」とか「忍耐」なんてコトバを添えて語るんでしょうが、おちゃらけ系を自認するオイラとしては「ホントに好きなんだねぇ」と思うわけです。
シズカちゃんは、ホントにスケートが大好きなんですね。
e0011321_1645746.jpg
で、オイラ的にはシズカちゃんよりもご贔屓なスグリ姐さんですが・・・
全部成功で滑りきったのに、転んだ2人の方がなんで上なんだよぉ!
・・・と、ダダをこねたくなる気分です。

全日本の時に見せてくれた鬼気迫るような研ぎ澄ました切れ味には欠けた演技でしたが、十分以上に素晴らしい演技だと思いました。マジに、今ひとつだったスルツカヤよりは上じゃないかと思ったもの。
後半、スピードこそ目立って落ちなかったけど、やや切れ味が鈍くなったように見えたので、スタミナがもう少しあればよかったのかなぁ。
それと、やっぱ高得点を引き出せる「目玉な大技」かなぁ。
今のフィギュアは、アレもコレも全部並べて、どう?っていう「物欲全開」の採点方法だもんねぇ。
[PR]
by kaz-105 | 2006-02-24 15:51 | ぽよよんな日々 | Trackback(1) | Comments(5)
トラックバックURL : http://cloitre.exblog.jp/tb/2838288
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from たまりんの気ままなPC日記 at 2006-02-24 16:43
タイトル : 頑張った日本!!
やりましたね、荒川静香!! 完璧なすべりでした、本人もきっと大満足でしょうね。 日本中が、いや世界中が注目していた中での完璧な演技でした。 どんな偉大な選手でも、あの雰囲気の中で平常心で演技ができる わけが無いわけで・・・・・・ スルツカヤでもコーエンでもみんな転んでしまう中立派でした。 これで名実ともに世界の女王、銀盤のプリンセスとなりました。(言い方が古~~) でも、今回はトリノへ行った時からなんとなく自信がありそうな発言をしていましたもんね。 本当に、風格が出てきた感じです。...... more
Commented by ろい at 2006-02-25 00:23 x
ふむふむ。スケート大好きなんだなぁ~というコメントは大納得ですね。あの精神状態に辿り着くには、よっぽどその競技を愛してないと到達出来ないと思いますね。不肖、ワイが高校時代にテニスで唯一到達した負け試合、まさに荒川選手が言ってた「平常心」で望んで、最高の試合が出来る、ちゅうのをマジ思いました。本番なんぞ、最高の技術持ってても如何に平常で居られるか?が鍵なんですねぇ~。しかし、柔らかく美しかった。
Commented by ryo at 2006-02-26 00:44 x
僕もスグリ派だったりします。
しかし荒川はまさに一流アスリートの精神力のすごさを感じた演技でした。
おそらく、リアルタイムで観戦していた日本国民全員が緊張する中、一番落ち着いていたのは本人だったんでしょうね。
Commented by eclat at 2006-03-03 14:56 x
久々にカズさんのブログ見た~~~!
ら!
フィギュア興味あったのね・・・
言ってよ~~~~~!!!!
なっちゃんにチケットあげちゃったよ。
ということで私は明日有明コロシアムに行くっす!
私は断じて荒川派!(←どこまでカズさんとは好みが合わないのでしょう!?)
それに、荒川選手ってむちゃくちゃ明日美ちゃん(笙吹いてた友達)に似てません??
というか激似ですから・・・
Commented by eclat at 2006-03-04 10:21 x
化けたのって・・・
やっぱり直前ながらコーチ変えたせいなんでしょうね~♪
Commented by kaz-105 at 2006-03-06 17:00
フィギュアに興味がある!なんて言えるほどじゃぁありませんが、好きですよ、フィギュア。なんたって高校時代にゃ槙村さとる「愛のアランフェス」や大矢ちき「雪割草」なんてのを愛読した世代ですし。
そういう世代なもんで、やっぱ「技術的価値」と「芸術的印象」で見てしまうのです。特に、芸術的印象ね。
という流れと、お顔の好みで、スグリ姐さんがご贔屓なんだけど、トリノの演技ならシズカちゃん株がぜん上昇かな。

化けた理由なんてさっぱり分からんケド・・・
コーチ変更は影響ありそう、っていうか・・・コーチとデキタか?なんてね。


<< 地道な作業 出張のお土産 >>