だんすくみやげ-2
e0011321_17182252.jpg


ケースには「menu」と書いてあります。
何かというと、鍋敷きです。
使う時には、こういう形になります。
e0011321_17213960.jpg


「だんすく・でざいん・なんちゃら」ってトコからのお土産です。
旅半ばでコレを入手した友人は手荷物の中にコレを入れていたそうですが、昨今の厳しくなった空港のセキュリティチェックの際に「これは何だ?」という質問を受けて往生したそうです。
鍋敷きであることを異国語で説明するのは無理、モノを出してジェスチャーで説明するしかないと判断してそれを試みるんですが、ケースに収まった「樹脂製の白い棒」はあまりにぴったり収まっているのでなかなか出て来てくれないし、無事に出せて広げることが出来たものの、身振り手振りで「熱い鍋をこの上に置く」というのを伝えるのは・・・さぞかし辛かったでしょう。
[PR]
by kaz-105 | 2007-01-21 17:18 | 本日の頂きモノ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://cloitre.exblog.jp/tb/4978931
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by chiorin at 2007-01-21 18:16 x
MENUっておしゃれなステンレス製品作ってるデンマークのメーカーだよ。
デンマークのデザイングッズって、考えすぎ?なくらい合理的にまとめすぎて、用途がわかんないことしばしばあり(笑)
Commented by kaz-105 at 2007-01-22 01:52
ムニュって何よ、と思っていたけど、そういう名前のメーカーだったのね。

で、ミドリ姐さん同伴でのご利用予定、早く立てようよぉ。
すっっっっっごい、楽しみなんだよね。
Commented by nen at 2007-01-22 08:38 x
土産 大連載、ありがとうございます。
こうしてあらためてblogで見ると結構カッコよく見えますねぇ。
ちなみに「鍋敷き」は英語でpot standだそうな。
でも英語nativeじゃない国だと通じなさそう。。。
「これでどうやってポットを立てるんだ!?」なんて奥の間に『連行』されるのが関の山って感じがします。
「英語が不自由な日本人旅行者」が一番世界で信用されそう。
Commented by kaz-105 at 2007-01-23 19:34
信用されるというよりは、相手にされてないって方が正しい理解ではないかと。
いや、自虐的な物言いではなく、冷静な自覚として。


<< げるまんみやげ だんすくみやげ-1 >>