桃の節句
e0011321_1055432.jpg 早いものでもう三月。桃の節句。
 世間では暖冬だそうで、桃なんてすでに満開を過ぎてしまってます。とはいえ、こういう歳時記なモノは楽しむに越したことはないので、アレコレ忙しいのだけど時間をやりくりして雛飾り。なんのことはない、宮脇事務所の大先輩が例年欠かさずこの時期に長崎から「桃カステラ」を送ってくださるのですが、それが昨日届いたもので、急遽今年も飾らなきゃって気分になったと。
 ぎりぎりで一夜飾りを回避することが出来ました。

 並べるにあたって毎度のように疑問に思うのが、主役二人の左右。どうも京都界隈だけ左右の配置が異なるようで、今年も我が家の恒例に従い女子が向かって左。東京界隈で見る雛飾りの配置とは逆です。
e0011321_1543613.jpg 昨年は、ドイツからの合唱隊もお迎えしていたので、楽隊専用にミニステージを用意したのですが、今年は平面配置。5段飾りだ7段飾りだと豪勢な雰囲気に飾るスペースも無いし、主役二人だけ壇上に上げて、あとは楽隊も役人もみな平等に扱います。泥ダンゴくんも、ミニトトロくんも参加してたりします。節句に込められた伝統的意味を知らない身には、要するに「宴会ネタ」なわけで、それならみんな一緒に賑やかな方が良いだろうという思いも込めております。
 ただし、この配置、3日を迎えるまでに徐々に変更される可能性は十分にあります。建築設計と同じで、時間のある限りアレコレと改善案を出し続けてしまう習性はこういうトコロでも発揮されるものですから。

 端午の節句に武者飾りをしたことないのに、桃の節句に雛飾りをするというのも、オイラのキャラらしいなと、思うのでした。
 ちなみに、主役二人の手前に置いてあるのが、今年の「桃カステラ」でございます。
[PR]
by kaz-105 | 2007-03-01 10:55 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://cloitre.exblog.jp/tb/5248441
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by eclat at 2007-03-02 17:20 x
桃カステラ食いて~☆
Commented by gin at 2007-03-02 21:45 x
左側のが身分が上なので、男性。これが京都式。
東京(全国?)式は明治時代に天皇皇后がこの並び方で写真に写って以来のもの、という説があるようです。
明治時代で日本文化が大きく変わるんだねえ・・・。
Commented by kaz-105 at 2007-03-03 00:40
>eclatさん
桃カステラ、まだ2個あるよ〜。

Commented by kaz-105 at 2007-03-03 00:47
>ginさん
本人たちの向きで、左側ね。左大臣、右大臣、左京区、右京区と同じと。
某政治家あたりに言わせると、明治以降に始まったものも「日本の伝統的文化」らしいから、逆の並べ方も「伝統的にそう並べる」って言えるんでしょね。
Commented by sunny-sunnysideup at 2007-03-16 13:31
桃カステラ美味しかった。ごちそうさまでした。
うちの子(お雛様)とお宅の子は似てるとずっと思っていたけど、
見比べるとしもぶくれと木目込み以外はけっこう違うよねー。
写真アップしたので見てみてね♡

で、もうそろそろ仕舞いました?(笑)


<< 新戦力投入 バルセロナ・チェア >>