春の食卓
e0011321_18485146.jpg

 郷里への出張からは、柑橘類だけでなく筍も持ち帰りました。
 おかげで筍三昧な夕食を楽しむことができました。ついでに土筆も混じっていて、まさに春の食卓。大満足です。

 ところで、渋谷なんてトコに住んでいると、土筆が生えてなくて残念です。散歩に出たついでに、あちこちとありそうなトコを探索するんですが発見できません。頼みの綱は東大駒場キャンパスの中の草っぱらなんですが、これがなかなか見つからない。
 春の七草にしろ、土筆にしろ、スーパーで売ってなくはないんでしょうが法外な値段が付いてる気もするし、「買うもの」ではなく「摘むもの」であるという認識も消えないので困ったもんです。
 「季節感豊かな旬の食材を」とか「選りすぐった世界の食材を」、はたまた「高い鮮度の上質食材を」なんてなキャッチコピーを使いそうな高級スーパーは在るので、美食を求める分には苦労しないのだろうけど、例えば「土筆」なんてものは「美食」として食べるものではないと思うのです。道すがらに見つけて、摘んで、天ぷらかおひたしにして食卓に添える。満腹になるまで土筆だけ食べるなんてことが出来るモノじゃないけど、少しだけそのほろ苦さを味わう。これらを全部セットにして、春だなぁと感じる。
 グルメだ美食だというモノじゃないけど、間違いなく「豊かな食文化」のひとつ。渋谷、というか大都会で手に入る食文化は、贅を尽くす方向のモノはあっても、何気なく普通のモノとして在るはずのモノが無くなってしまってるようで、寂しい限り。
 なので、なんとかスギナを見つけて、来シーズンに備えなきゃ、と思う今日この頃なのでありました。
[PR]
by kaz-105 | 2007-04-12 18:52 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://cloitre.exblog.jp/tb/5497423
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ton at 2007-04-12 19:07 x
筍と土筆のてんぷら シチリアの塩添え
土筆の梅煮
筍の姫皮の梅味噌和え
切り干し大根とお揚げの煮物
筍ごはん
このほか写真は無いけれど
金時人参、牛蒡、瀬戸内のおじゃこのかき揚げ
というのがもう一品
以上、全て伊予の産品
・・・幸せ・・・
Commented by RX-mikitty at 2007-04-13 11:27
こんにちは☆器も美しいですね。
私も子どもの頃はそんなに好きじゃなかったのですが、今は実家からもらう土筆や菜の花がしみじみありがたいです。大人になったなぁ(笑
Commented by masami at 2007-04-13 13:41 x
もうないの?もうないの?
食べに行きた~い♪筍食べた~い!!
Commented by kaz-105 at 2007-04-17 17:36
>masamiちゃん
もうないよ、さすがに。笑
調理はしてあげるから、持参してください。
Commented by kaz-105 at 2007-04-17 17:40
>RX-mikittyさん
小鹿田(おんた)焼きの皿に、実兄が作った茶碗です。
美しいなんて言われると恐縮しちゃうほど、器の方も「土筆」みたいなモンです。
・・・・菜の花かぁ。ソレもいいねぇ。


<< Tipo 33/2 ソレハダーレ 柑橘類7種 >>