「自主ゼミ」なんつ〜もん
とある資格試験の受験講座なんてものを手伝っていて、指導方針の重要項目のひとつに「みなさん、自主ゼミを組織して共同戦線を張ってください」なんてのがある。やる気満々の素直な受講生から「自主ゼミの開催会場として事務所を貸してもらえませんか」なんて申し出があって、取り立てて断る理由も見あたらないので、ついさっきまで7人ばかしがあーでもない、こーでもないと試験準備のお勉強をしていった。
事務局の裏方さん手伝いをやってるだけで講座そのものにはタッチしてない。ので、「ハウス!」と言われた犬のごとく自分のデスクに向かって雑用なんぞしていて、ゼミそのものには参加せず、ゼミ終了後の「懇親会」ぽくみんなで夕飯食べようって時だけ参加。
で、その資格試験にまつわるお話しに加わったわけですが・・・

資格試験にパスしてようとしてなかろうと(受験準備してるってことは、そこに居たみなさんはパスしてないんですが)毎日毎日実務として携わっているんだから、試験なんて架空の「問題」ではなく、リアル問題に直面する毎日を送っているはずじゃんと言いたくなるような、なんともお子ちゃまな風情がして、じれったいったら。
実務と試験に乖離があるなんてのは、分野・業界を問わずよくある話なのは承知の上の感想。
挑戦中の立場では、試験合格を目標にがんばってしまいがちで、合格後を見据えて試験突破は「手段」に過ぎぬ、なんてことは、耳には入れどそう思えるもんじゃぁないってな人情も承知の上の感想。

どうしちゃったのよ、しっかりしなよ、子供じゃないんだから・・・と、今夜も彼らについつい言ってしまうのでした。
[PR]
by kaz-105 | 2005-06-25 02:05 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cloitre.exblog.jp/tb/55395
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< セルフビルドで町屋再生 う〜ん、夏の到来 >>