手作りパン
e0011321_166416.jpg

 料理好きの友人を持つと、どんどんと食生活が豊かになる。
 時々(と表現する以上に頻繁な気がするが)、「粉を焼いたモノ系」を持参してくれる友人が居る。主には「ケーキの類い」なのだが、このところ「パン」にも凝り始めたようで「食べ切れないほど焼いちゃったから。」と届けてくれる。なんでも、美味しく焼くためにはある程度以上の量をまとめて作る必要があるのだとか。頂き物で生活してるような我が家には、とても有り難い「必要」である。
 で、昨日届いたのが写真のパンである。
 美味い。
 焼きたてはもちろん、こうして一夜明けて食べても十二分に美味い。
 使っている「粉」をはじめ、材料は吟味してあるそうな。実に用意周到、精緻で細やかな気遣いの出来る性格の友人なので、材料から調理法、道具の類まで、しっかりとした研究・実験に基づいており、まさに「こだわりの逸品」である。
 そんなにこだわらく雑でイイから気楽にもっとたくさん作ってどんどん持って来てよぉと勝手なお願いをするのだが、何事にもマジメで真剣な彼女には「雑に気楽に」というのが出来ないらしい。
 誠に勝手な言い分だが、それが唯一の欠点である。
 (念のため付け加えるが、これでも褒めているつもりである。)
[PR]
by kaz-105 | 2007-04-24 16:06 | 本日の頂きモノ | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://cloitre.exblog.jp/tb/5561616
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by miyacho at 2007-04-27 19:39 x
私もおこぼれ与りました~☆
私の場合は、このこだわりの逸品が翌朝の主食になったのですが、
きっちりパン。お昼までがっつり頑張れましたよ!
幸せをありがとう。


<< GWの宿題 - 1750復活作戦 緑の並木 >>