枇杷
e0011321_1731516.jpg

 郷里から山盛りの枇杷が届いた。実家の庭で、今年もたんまり実ったらしい。
 自転車通学をしていた中高生の頃のこの季節は、大慌ての朝の出がけに4つ5つ実を付けた枇杷の枝を一枝折って、朝飯代わりに持参したものだった。
[PR]
by kaz-105 | 2007-06-15 17:31 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://cloitre.exblog.jp/tb/5900059
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by レン at 2007-06-16 22:57 x
おひさしぶりです!
朝飯代わりにビワを食す風情のある中学生なんて僕のまわりには一人もおりませんでした。
何とシブい。
それにしても、こんなにたくさん庭で生るんですね。
これも太陽エネルギーとビワの木の生命力の成せるワザか・・・と感じるにつけ、自分ももう少し陽の光に当たらねばと思う今日この頃です。
Commented by kaz-105 at 2007-06-19 14:19
シブいとかってモンじゃなく、
面倒くさくて時間もないし、簡単に済ますとそうなった、ってコトですね。
大きく茂り過ぎたので、去年ずいぶんと枝を切り落としてしまいました。
そのせいで収穫は激減なんですが、以前はそりゃぁもう食べきれないくらい実りました。


<< イモ! 紫陽花 >>