ジネンジョ
e0011321_20251265.jpg

 漢字では「自然薯」と書くらしい。
 常連さんから「山芋持ってくから、今晩食べよう」という電話が入り、食べ方をあれこれ考えながら楽しみに待つことしばし。届いたのは「ジネンジョ」だった。確かに、広義には山芋で間違いでは無いが、「長芋」ではなく「ジネンジョ」である。有り難みのレベルが違う。
 ただし、写真を見ても分かる通り、えらくまっすぐでキレイな形をしている。普通、ジネンジョと言えば、ゴツゴツと曲がって不細工なモノなのだが、コレはえらく整っている。おそらくは自然の中で採取された芋ではなく、畑で栽培されたモノだろう。なんでも、パイプの中で育ててまっすぐするそうな。畑で栽培して「安く」求められるようになるのは結構だけど、姿勢矯正して整えるってのは、大きなお世話である。それとも、姿勢矯正するのは「栽培」するために必須の手法なのだろうか。となると、天然ものにより近くするために、わざとゴツゴツと曲がった形に育てる「高度な手法」が生み出され、「天然風」と銘打って高値で取引、さらには「天然偽装」の事件に発展などと、不毛の展開を見せそうではある。
[PR]
by kaz-105 | 2008-03-18 20:25 | 本日の頂きモノ | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://cloitre.exblog.jp/tb/7545069
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from てらまち・ねっと at 2008-05-04 10:33
タイトル : ◆自然薯のパイプ栽培・波板栽培 /今年は蕎麦屋さんに頼ま..
このブログ、いろんなテーマを載せているからか、それぞれ、どこの人たちかは知らないけど、いろんな「検索ワード」でのアクセスがある。  この時期、自然薯やヤマイモのパイプ栽培、時には波板栽培関連のアクセスも少なくない。  昨日、夏野菜の植え付けの実質を済ませたので余裕ができた。  だから、自然薯栽培の報告をしたい。  有機農業を30年近く続けている。  今は議員の仕事が忙しいから、自分で作った「消費者と生産者の提携の会」は止めている。  提携の途中からは、ヤマイモや伊勢芋なども消費者に届ける産物に加えた...... more


<< パンダロール こちら休息中? >>