カテゴリ:アルファで全開!( 73 )
夜明けの岩手山
e0011321_751970.jpg

んんん…綺麗じゃ。
[PR]
by kaz-105 | 2006-01-15 07:05 | アルファで全開! | Trackback | Comments(0)
こちら安比高原
e0011321_6575752.jpg

本日も天候に恵まれ絶好のスキー日和の模様。
が、しかし。
日頃の運動不足にたたられ、そろそろ筋肉痛に襲われ苦戦の予感あり…。 これより、朝一番に出撃です。
[PR]
by kaz-105 | 2006-01-15 06:57 | アルファで全開! | Trackback | Comments(2)
リフト待ちゼロ
e0011321_13121383.jpg

やっぱこうでなくちゃ。
曇ってて天気がいまいちなのが、ちょっと残念。
さて、運転しっぱなしだったし一休み。んで、ナイターでも滑るかなぁ。
[PR]
by kaz-105 | 2006-01-13 13:12 | アルファで全開! | Trackback | Comments(3)
着いたぁ!
e0011321_133377.jpg

人影まばらなご機嫌のゲレンデでございます。
[PR]
by kaz-105 | 2006-01-13 13:03 | アルファで全開! | Trackback | Comments(3)
往路最後のSA
e0011321_1303392.jpg

目的地が彼方に見えてます。
あと少し。けど高速降りてからが本番?
[PR]
by kaz-105 | 2006-01-13 13:00 | アルファで全開! | Trackback | Comments(4)
さぁ!スキーに行くぞ!
e0011321_2012981.jpg

車が古けりゃ、板も古い。
いまどきの短くてシャモジみたいな板が欲しいよぉ。
[PR]
by kaz-105 | 2006-01-12 19:50 | アルファで全開! | Trackback | Comments(4)
さてさて、帰省だ、長距離ツーリングだ
「盆暮れの帰省」ってのは田舎出身者にとっては恒例行事でございます。
なんやかんやとドタバタしてとっちらかったまま帰省の旅に出るのはいつものこと。
今年も例外ではなく、何が忙しいのか説明するのも難しいような正体不明の慌しさを感じつつ、これから帰省でございます。
んで、帰省ってのは、これまたいつものように「長距離ツーリング」なわけでして・・・
昨年は2000Berlinaで帰省したんですが、今年は1750GTVです。
先ほどまでせっせと1750GTVの「積んだままの荷物」ってのをあれこれ整理しておりました。
なんだかえらい寒波らしく関ヶ原界隈は「雪」が予想されるので、この時期必携のスノーネットをトランクに積み込んで、さらに、帰省の際の最も激しい渋滞はSAのガソリンスタンドで発生するためその対策としてガソリン携行缶を積み込んで、あとはいつものちょっとした工具類などトランクの中を整理して、車の方は準備完了。
出撃体制の1750GTVです。
e0011321_2041853.jpg


あとは、ごく普通の旅行カバンを室内に積み込んで出発するだけ。
今年のお盆には帰省出来なかった上に、ここんとこ遠くの現場が無いもんで、「旅行」に出るのは久しぶりで、ちょっとわくわく気味。やっぱジュリアで長距離を走るのは楽しいですからねぇ。

ちなみに、今年の春までは関西の現場を抱えてたので、監理のために月に2~3回のペースで関西出張。ぜ~んぶジュリアで通ったから、もぉええっちゅうほど走りました。2年間で計5万キロ。。。。これがね、もうチョー楽しかったのよね。

というわけで、年末年始と事務所を空けます。帰省先の田舎の家にはネット環境とかパソコンとか無粋なものはありませんから、しばらく更新はお休みです。
それでは、みなさま、良いお年を。
[PR]
by kaz-105 | 2005-12-29 20:16 | アルファで全開! | Trackback | Comments(5)
プロフェッショナルって何なんでしょね
すっかり食物blog化してしまってる当blogですが、珍しく車ネタでおます。

自他共に認めるかなりの車好きのはずなんですが、世間の風評にすっかり疎くて「マイ・ジュリア引きこもり症候群」なものでつい最近まで知らなかったんですが、アルファ・チャレンジか何か富士で行われたレースで、ジュリアのレーシングカーがぶっ壊れるというとんだ事故があったとか。
とある掲示板に載ってるヨって聞いたもんで、同じくジュリアでサーキット遊びをしてるモンとしては興味があるので遅ればせながら読んでみました。

「フライホイールが破損してクラッチ&ミッションのベ
ルハウジングから全部大爆発と共にあたり一面に飛び散り走行不能となりました。」
って、いったいどうしちゃったのよぉ!?とおねぇ言葉で聞きたくなるような話なんですけど。
どうやらピットでメインジェットの選定をやってたみたいですね。ほんで、コレで行くかとほぼ決まったところで、車に乗り込んで「スロットルを全開にし、タコメーターの指針
が8000rpm近く跳ね上がった瞬間。。。。。。」
どっか~んと「全部大爆発」ってのをやっちゃったと。

普段はこの手のニュースに野次馬根性以上の興味は湧かなくて、あんま反応しない性癖なんですが、今回のコレはちょいと呆れすぎてしまって反応しちゃいました。

9000回転に耐えうる強度を有して安心して使えるフライホイールを作りますってのも、旧車に求めうる安全性は如何なるモノか?なんてギロンも、そりゃ結構なコトで盛んにやっていただければイイんだけど、とりあえず「チェック済みの車、持ってこいよ。」と思いませんか?何十機もエンジンOHしてきたと自称するプロがやってるんなら。
これね、目標性能が出せてる出せてないとか、耐久性のあるなしとかの話じゃないですし、もちろん金属疲労がどうとか目視できないクラックがとか、そんな難しそうな話じゃないですよ。
停まったまんまでブリッピングしてたそうなんですから、それをどうして工場でやってないのよ?ってこと。本来ならプロショップの工場内で起こるべき事故が、単に「回してみる」だけの確認作業を怠ったが故に、他のチームの方々も居る「公」の場で起こってしまったようで。
停まったまんまの無負荷の状態でエンジン全開ってのも、どうよ?と思いますが。
あ~、なんかレベル低すぎ。「遊び相手は選びなさい」なんて教育ママのセリフが聞こえてきそう。

蛇足ながら・・・お子さん連れで、安心してサーキットへ遊びに行く、なんてのを夢見る方々もいらっしゃるようですが、観客席ならともかく、パドック、ましてやピット内ってのは「危険なトコロ」なので、安心して子供を連れ込むなんてコトは止めてくださいね。

常識的に(この「常識」ってぇのが、クセモノなんですが)、子育て系住居学の世界では、台所とガレージってのは危険な場所の筆頭で、子供は立ち入り禁止するのが普通なのです。住宅のガレージでそうなんですから、レース中のピットなんぞはもちろん危険が一杯ですよねぇ。
で、もちろん「自己責任」で入りたければ入っていいんです。「危険」と書いてないのに危険だったぁ!なんてネゴトはナシですってことね。
[PR]
by kaz-105 | 2005-12-28 16:46 | アルファで全開! | Trackback | Comments(6)
準備大変で更新どころぢゃあねぇ!?
ここんとこblogの更新が全くママならぬ状態になってしまっておりまする。
ナニをやってるかというと、連日の寒さに震えて縮こまってるってのも確かにアルんですが、ARcupの10周年記念パーティなんぞの準備が、予想以上に大変でかかりっきりなんですねぇ。
10年分のレースリザルトを集めて整理して、出来れば記念品として小冊子なんぞ作ることが出来ればなんて考えているわけですが、これがナカナカ。。。。手強いのよ。

趣味でフランスの中世建築なんぞを愛好してると「資料収集」の難しさってのは十分に知ってるはずなんですが、「中世」ならいざ知らずたかが最近10年間・・・と思いきや、これがなかなか揃わない。
いいかげんな運営ってのはいいかげんな記録を残すんじゃなく、何も記録が残ってないってトコに現れるもんなんですねぇ。1年目の96年なんて、カケラも記録が残ってないんだもの。
(ちょと言い過ぎかな。カケラは発見できたんだよね、カケラは・・)

資料が揃わないんじゃぁ資料整理も統計的処理も出来たもんじゃないわけです。困ってるままじゃ先へ進まないので、引き続き「資料捜索」を続けながら、資料創作(これって捏造、偽造ってヤツじゃん!)しなくて済ませられる対策を考えてるわけです。
[PR]
by kaz-105 | 2005-12-19 02:50 | アルファで全開! | Trackback | Comments(2)
ARcupの方はというと・・・
こっちはかなり満足しております。
「ポイント」に現れる結果としては、ま、決して良くなくて反省材料はあるんですが、とにかく「追っかけっこ」が極めて楽しく出来ました。
今回、ARcupは「周回数」ではなく「走行時間20分」という枠で行われたため、終わってみれば17周も走るという長丁場でした。(これって耐久レースの1人分より多いのですよ。)
その17周の、ほぼ全周回で「バトル」を楽しめました。(いやぁ、疲れました。ホントに。)

前半:スタート周回、ほぼ先頭だった31番・T選手が2ヘア入り口でスピン。後続の大集団はコース上真中で横向いた31番を避けながら抜けるのですが、順位が変動。つまりは「順当な順位」ではなくシャッフルされちゃった状態になるわけで・・・・その後の数周は予定外の抜きつ抜かれつ状態。

中盤:10年来のライバル、15番・S選手と一騎打ちバトル。
先行するオイラにS選手が追いつくという形で始まったバトルは、数周は押さえ込みに成功したものの、あからさまにブロックするのもここらが限界かなぁと思ってたら1コーナーでインを刺されまして、その後は数周にわたって追いかけることに。もちろん、抜き返そうと頑張るわけですが、これが抜けないんですね。
途中、間隔数センチ!?なんて接近戦もありましたが、オイラが1ヘア入り口であえなくスピン、15番・S選手とのバトルはこれで終了。

後半:はるばる富山から毎回参加してる14番・K選手を追いかけまわす。
1ヘア・スピンから復帰する間に、14番・K選手に抜かれちゃいまして先行されちゃったわけです。となると、その後やることといえば、追いかけて抜き返す!これしかないわけです。
これがまた、追いつきはするんですが、抜けないんですよ。
あれやこれやと組み立てて挑むんですが、抜けない。
結局、最終コーナー立ち上がりでなんとかインから先行することができ・・・そこでチェッカーでした。

着順は4位。Rクラスを除くと2位。おお、いいじゃん!
ベストタイムは、1分13秒049。おお、13秒フラットじゃん。いい!いいよ!
シリーズポイント的には・・・タイム良すぎてチャレンジポイントゲットならず。残念。
走りの感想としては・・・原則的には、タイム出てるから良しなんだけど、最終コーナーの走り方を未だに「思い出せてない」感じ。おまけに車の方も足回りがくたびれてるようで予測不能のふらふらがあって、最終コーナー怖くて踏めないし。
ってことは、そのへん改善&練習すれば、もちっとタイムは上がるってこと?
それは来年のお楽しみと。
[PR]
by kaz-105 | 2005-10-31 17:19 | アルファで全開! | Trackback | Comments(7)