<   2006年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧
地道な作業
現在オイラの事務所では、日々のお仕事の合間をぬって実に地道な作業が進行中である。

図面アーカイブ作成のための、原図整理ならびに索引作成作業・・・・
もちろん、オイラの図面を整理してるんじゃなく、「アーカイブ作成に値する貴重な図面」を相手にしてるわけで、平たく言うと「宮脇檀建築研究室」の全作品を整理しようというもの。
e0011321_1855739.jpg
宮脇檀が亡くなって7年、それに伴い宮脇建築研究室が解散して6年。その膨大な図面(原図)は、宮脇檀建築研究室の後継を自認するOB事務所が管理してくれているが、ずっと永久に保管できるという保証があるわけではない。いずれどこかに「安住の場所」を確保せねばならぬのが課題だった。宮脇研OBの大先輩諸氏の働きで、幸いにも日本建築学会が引き受けてくれることとなった。
が、しかし。ここで次なる課題が出現。保管はすれど、ただ置いておくだけでは「単なるトレペの山」で意味はない。何らかの活用を意図するのであれば、せめて「索引」を付して、何が保管されてるのか分かり、かつ見たい図面を引っ張り出せるようにしなければならない。
建築学会としては、保管場所や保管後の管理ならびに利活用運営は引き受けうるものの、図面整理の作業まではとても面倒は見られない。何しろ総枚数が何枚になるのかも不明な膨大な数である。

というわけで、
原図の山を前に、1枚ずつ識別番号を与えてはその番号とともに物件名やら図面名やら図面内容を示すキィワードやらをデータベース化していく作業に着手することとあいなった。
こつこつと、1枚ずつ。
CADはおろかパソコンが出現する以前から蓄積された図面。全てトレペに鉛筆で手描き。
きれっぱしにひょろひょろっと描かれた意味不明なスケッチも、もちろん整理対象。
10年もかけてちゃいけないけど、5年はかかるんじゃないかな、できれば3年つまりは没後10年で完成させたいな、などと希望は募るが、はたしていつ終わるやら。

ただ機械的に作業することに徹すれば、3年で完成って無理じゃないんだろうと思うのだけど、日々のお仕事もあってこればかりに専念できないし(何しろこの整理作業は全く無給の奉仕作業だしね)、何より1枚ずつ図面を見ているとどうしても「図面を読みたく」なるのが困りモノ。
手書きの図面には、CAD出力図とは違って「行間」が存在するし、基本設計段階でのエスキースの数々や詳細検討のためのスケッチなど、この上もない上質の「教科書」なのだから。
図面から伝わってくる作業密度や情熱は圧倒的。
フィギュアの荒川じゃないけど、宮脇さん、ホントに建築が大好きだったんだねぇ。
[PR]
by kaz-105 | 2006-02-24 18:06 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(2)
人は、化けるべくして化ける
オリンピックのおかげで、常日頃の睡眠不足にさらに拍車がかかって睡眠不足な毎日を送っております。
本日は女子フィギュアの決勝。未明からスタンバイしてしっかりライブで堪能いたしました。

荒川選手、金メダルお見事でした。
村主選手、もう一息の4位だけど、素晴らしい演技でした。
今回のオリンピック、日本チームはメダルなしかなぁとも思っていたわけで、日本女子カーリングの予選敗退でオリンピックは終了した気分でもあったわけですが、どっこい「そうそう、キミたちがいたねぇ!」と納得させられました。
e0011321_15594823.jpg
にしても、シズカちゃん、どうしちゃったんでしょ?
そんなにフィギュアに詳しいわけじゃないので偉そうなコトは言っちゃいけないんですが、どうにも今までに見たことのある荒川の演技とは「異なる印象」のモノであった気がしてなりません。

学生劇団の新人公演とかでは、公演日に向けて練習に励むわけですが、なにせ「新人」ですから芝居がちぐはぐで、なかなか上手くできません。あれこれ改善改良の工夫を尽くしてもイイ演技にならなくて、「ああ、こりゃダメだなぁ。モノにならないかも。」と自他ともに追い詰められた果てに、ピンホールのような穴を通って「次のレベル」へ突破できる瞬間が来ることがあります。今までとは全く異次元なレベル。これを「化ける」と呼んでました。

これまでどちらかというと、勢いはあれどどことなく硬くて、技術はすごくて感心するんだけど感動とは違ってるってな印象をもってましたが、今朝の演技は全く違いました。あんなに柔らかく流れるような動きができるなんて。
ワンステップですら納得させられる圧倒的な説得力を持つスルツカヤに比べると、迫力という点では少々譲るかなと思いますが、何気に高難度の技をこなし、優しく柔らかく大きな流れを全く破綻なく構成して1本の表現として完成させるってのが出来ていたように思うんですよ。
「アラカワ、化けたな。」
これが感想でした。

行き詰まった時にじっと待ってても「化け」は訪れてくれるわけじゃなくて、何も準備しないで今まで出来なかったことが出来るようになるなんてことはあるはずないわけで、緻密に周到に「出来るようになる過程」を歩み続け、なお不足する「ヒラメキ」を呼び込んで、初めて「化ける」トコロに到達できるんだろうと思います。
体育会系では、そういう行動を「努力」とか「鍛錬」とか「忍耐」なんてコトバを添えて語るんでしょうが、おちゃらけ系を自認するオイラとしては「ホントに好きなんだねぇ」と思うわけです。
シズカちゃんは、ホントにスケートが大好きなんですね。
e0011321_1645746.jpg
で、オイラ的にはシズカちゃんよりもご贔屓なスグリ姐さんですが・・・
全部成功で滑りきったのに、転んだ2人の方がなんで上なんだよぉ!
・・・と、ダダをこねたくなる気分です。

全日本の時に見せてくれた鬼気迫るような研ぎ澄ました切れ味には欠けた演技でしたが、十分以上に素晴らしい演技だと思いました。マジに、今ひとつだったスルツカヤよりは上じゃないかと思ったもの。
後半、スピードこそ目立って落ちなかったけど、やや切れ味が鈍くなったように見えたので、スタミナがもう少しあればよかったのかなぁ。
それと、やっぱ高得点を引き出せる「目玉な大技」かなぁ。
今のフィギュアは、アレもコレも全部並べて、どう?っていう「物欲全開」の採点方法だもんねぇ。
[PR]
by kaz-105 | 2006-02-24 15:51 | ぽよよんな日々 | Trackback(1) | Comments(5)
出張のお土産
e0011321_2123163.jpg

郡山三大銘菓・・・だそうな。
いずれも美味いのは、確か。

贈り主が残していった謎の落書きも、なかなか。。。
[PR]
by kaz-105 | 2006-02-22 21:25 | 本日の頂きモノ | Trackback | Comments(7)
ついでにもうひとつ人形ネタ
「物欲」を刺激する話というのは始めたらキリなく続きそうなので、貧乏生活者の保身術として避けるべしと思っているけど、なんだか勢いがついてしまってるので書いてしまう。
いい歳したオヤジが「お人形が欲しい」などと言うと、これはもう「アブナイ世界」へまっしぐらの気配がするのだけど、「工房 朋」の人形はぜひとも欲しいもののひとつである。
もともとフランス人形よりは市松人形(「いちまさん」と京都では言っていた)が好みという嗜好だったので、通りを歩いていて街並みの中にちらりと市松人形が目に入ってしまったのが出会い。
かれこれ10年以上になると思う。
京都のとある一角でこの工房の人形を見つけた時には、それこそ時間が止まったように魅入られてしまった。
「魅入られる」というトコロで、既に十分にアブナイ人形である。マジで目が合う気がするのだから。

人形製作に関する知識はほとんど無いので実のところは分からないけど、素材の吟味・コダワリや製作技術の高さはもちろん一流なのだろう。それに何より造形センスというか表現力が素晴らしい。
十分に高額だったし、引き込まれてしまう妖しさも在り過ぎるので、未だに手にいれてはないけれど、人形というといつも思い出すモノである。

e0011321_19163684.jpg

(文字だけじゃ、じれったかったので「工房 朋」のHPから画像を拝借しちゃいました。)
[PR]
by kaz-105 | 2006-02-21 19:10 | ぽよよんな日々 | Trackback(1) | Comments(0)
雛人形のお顔
姫&殿は雛飾りの主役なので、特別にもうひとつエントリーを奮発。

桃の節句に向けて商戦激化する人形屋には山盛り雛人形が並んでいるが、そのお顔を見比べると、どれも微妙に違っていて面白い。
いかに品質管理を緻密に行っていても製品の個体差を全くゼロにすることは出来ない。モノが人形となるとその顔付きにも個体差が在る。
生身の人間であれば「ヒトは外観じゃなくハートだよ」なんてことも言うわけだけど、人形となると素直に「好みの顔」であるかないかを問題に出来る。

胡粉をどうたらこうたらして人肌の艶やかさ滑らかさを表現し、熟練の職人が一つずつ顔を描いて、本物の髪の毛を使い・・・など、材質・製法の高度さが、表現として人形の印象に強く現れるものではあると思うけれど、要するに「好みの顔」かどうかが気になるトコロ。

で、ウチの人形のお顔はというと・・・
[PR]
by kaz-105 | 2006-02-21 18:30 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(1)
雛祭り
MM1750GTVさんちのように娘が居るわけじゃぁないんだけど、春が来たぞという気分を盛り上げるためにも雛飾りをしてみる。
狭小住宅にあっては豪華な○段飾りなんぞは「設置スペースの限界」から望むべくもないので、普段は写真やら絵やらガラクタやらを並べてある書架の一部を用いて、「お約束」をかなり無視した独断と偏見に満ちた飾り方になる。
e0011321_1724588.jpg

主役はキミらなのは間違いないので姫&殿の専用台は用意するが、人類は皆平等って考えを表して(もちろん「こじつけ」である)平面配置である。

独断と偏見がよく現れていて、場合によっちゃシャレにならないのだが・・・
e0011321_17471645.jpg

左大臣・右大臣は台のすぐ脇(というか陰)、しかも奥の方。仕丁たちより日陰扱いされてるようにも見える。
高級官僚たるもの、このような位置で臣民を支えるのがよろしい。

ちなみに、京都っぽく姫&殿は姫を左に配置しております。

国際協調の特別ゲストとして・・・
[PR]
by kaz-105 | 2006-02-21 17:30 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(3)
惜しかったけど、最高だぁ!
あともうちょっとってトコまで迫ってるんだけどメダルに届かない日本チーム。「やっぱりダメかぁ」って応援のテンションが下がりそうな中で、最高に盛り上げてくれたのは、なんといっても女子カーリングでしょ。
やっぱりキミもそう思って見ていてくれたかぁ!→世界お掃除対決!@トリノ
・・・・・・家が近けりゃ一緒に観戦したかった・・・・

カーリングなんて、それこそ冬季オリンピックの時にしか目にしないモンでちっとも知らなかったけれど、あのスタティックな緊張感がたまりません。
アルペンやノルディックの瞬発力や持久力を極限まで研ぎ澄ましていくゲームはもちろん面白いのだけど、それらとは異なる「精神のタフさ」を競うような雰囲気はまさに「氷上のチェス」。おまけにチェスと違って、「肉体的な技術」もしっかり必要。いやぁ、面白い。

と、ゲームの面白さにもはまってるんだけど、その面白さを余すところ無く伝えてくれた日本女子チームに感服です。
決勝リーグに進めず7位で終了っていう成績。正直なトコ、最終戦のスイスに勝って望みをつなげて欲しかったとか、ロシア戦とか序盤にもう1勝しておけばとか、たらればを言ってしまいそうな気持ちもありますが、それもこれもあまりに十分すぎるほど見事な試合を見せてくれたから。
彼女たちにやられちゃったオジサンたちは多いと思います。
ホントに惜しかったけど、ホントにホントに最高だよ!
[PR]
by kaz-105 | 2006-02-21 08:11 | ぽよよんな日々 | Trackback(1) | Comments(0)
柿の葉すし
e0011321_1537725.jpg

奈良の知人から送っていただきました。
美味いです。

本来は「サバ」なわけですが・・・
[PR]
by kaz-105 | 2006-02-13 15:37 | 本日の頂きモノ | Trackback | Comments(9)
カフェでランチ
e0011321_1354912.jpg

珍しく表参道なんぞに来たことだし、珍しくカフェでランチなんぞいただく。
1800円なり。

実に複雑な気分。
[PR]
by kaz-105 | 2006-02-11 13:05 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(2)
表参道ヒルズ
e0011321_1235263.jpg

コペンから一時帰国してる建築家と見物に出かけましたが、あまりの人の多さに前を通過しただけで退散。
なぜこんなに人が集まるのか不思議。
[PR]
by kaz-105 | 2006-02-11 12:35 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(0)