<   2006年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧
サクランボ
e0011321_2013672.jpg

屋上で見事に実った…のではなく、友人が差し入れしてくれたもの。

一瞬のうちに食ってしまった。
[PR]
by kaz-105 | 2006-04-29 20:01 | 本日の頂きモノ | Trackback | Comments(0)
屋上は花盛り
e0011321_15271644.jpg ぽかぽかと暖かい日には何かと屋上で過ごしたくなる。その屋上、今や花盛りの模様。なんて花だったか名前もよく覚えてないんだけど、とにかくイロイロ咲いている。
[PR]
by kaz-105 | 2006-04-23 15:33 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(2)
モコモコのサクラ
e0011321_1592026.jpg 前エントリーと同じく、高円寺界隈を散策中に発見した八重桜。
 ソメイヨシノはすでに散ってしまった東京も、八重桜はまだまだ健在。健在どころか、色的にも量感的にも圧倒されそう。モコモコというか、ボコボコというか、とにかく「質量感」たっぷりで、まるでボテロの彫刻のような風情。
 この界隈は古くからの住宅地らしく、あちこちにいかにもベテランな樹木が在って、その年季の入った幹のゴツゴツ感がたまらなく魅力的。お金(経済)優先で建物が建ち町が変わっていくのはある意味仕方のないことなのだろうけど、みっともない建物作るしかないのなら、せめて既存樹木で建物を隠すくらいの見栄ははって欲しいところ。
[PR]
by kaz-105 | 2006-04-23 15:18 | 建築雑感 | Trackback | Comments(0)
これも「近代建築」というのかな
e0011321_1458643.jpg ちょっとした用事で高円寺界隈を歩くことがあって見つけて思わずパチリ。これも今や「近代建築」と呼ぶのかなぁと定かなトコロは分からないけど、なんかイイ感じの「耳鼻咽喉科医院」。板張りの壁にクラシック風の柱。様式としては正体不明なんだけど、とにかくイイ感じ。
 古くからある街を歩くと、たまにこういうのと出くわすのが楽しい。
 現在の法規じゃ新たにこういうのを建てることが出来ないって、なんだかなぁと思うのだが。
[PR]
by kaz-105 | 2006-04-23 15:04 | 建築雑感 | Trackback | Comments(2)
さくらんぼ、その後
e0011321_18193180.jpg

順調に成育中。
最終段階でのカラスとの争奪戦に備えねば。
[PR]
by kaz-105 | 2006-04-21 18:19 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(4)
博多通りもん
e0011321_12144136.jpg 「博多西洋和菓子・博多通りもん」
 バター入りの白餡が入った饅頭。「西洋和菓子」という不思議な表記はともかく、美味いのは確か。なんとも滑らかな白餡。何しろ西洋であり和でありなので紅茶にすべきか緑茶にすべきか迷うところだが、偶然選んだ菓子器が象彦だし、緑茶かな。
 ときどきコメントをくださるRX-mikittyさんがステッカー原図のお礼にと送ってくださった。んなこと気にしなくていいのにぃと思いつつ、せっかく送っていただいたモノは喜んでいただいてしまうわけで、これが美味いお菓子ときてるのでまたまたご機嫌なのである。

 博多どんたくで、着飾って三味線・笛・太鼓を鳴らしながら飾りをつけた台を引いて練り歩く行列を「通りもん」と言うのだそうな。一度は見てみたい祭りのひとつ。
[PR]
by kaz-105 | 2006-04-20 12:14 | 本日の頂きモノ | Trackback | Comments(2)
萌え~
e0011321_15235757.jpg

色が上手く出なくて歯がゆいのだけど、山が萌えている。
[PR]
by kaz-105 | 2006-04-18 15:23 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(2)
引き揚げ中
e0011321_9141846.jpg

後ろから見ればまだマシ。
[PR]
by kaz-105 | 2006-04-18 09:14 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(2)
そういえば・・・
 桜餅を食っていない。。。。。
 いや、特に他意はない。決してどなたか手土産にと言っているわけではない。

 ということに気がついて、なぜに食っていないのかと考えるに、美味そうな桜餅を身近に目にすることがないのではないかと思うに至った。え?そんなはずは・・・?いや、そうかもしれない。何しろ日常生活の中で、美味そうな「和菓子」というものに心奪われることが少ない。めっきり和菓子との遭遇が少なくなっている。東下りの弊害、またもや発覚。
 関東では「道明寺粉」を使わず小麦粉主体で桜餅を作るという話を聞いたことがある。つまりは桜餅を「道明寺」とは呼ばないわけだ。(もっとも最近では関西風に道明寺も作られるそうではあるが。)てなことを考えていると、なんともいえぬツブツブ感を伴った甘さと、塩漬けした桜の葉との絶妙のコンビネーションが思い出されて、ますます食べたくなってしまった。
[PR]
by kaz-105 | 2006-04-16 03:57 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(4)
節目は肉
e0011321_0461119.jpg 「節目は肉」をモットーに、何事につけ節目と思しき機会には肉料理を食していたのは故宮脇檀。それにあやかったわけではないけれど、軽くムチウチで修理が必要となった身体には「やっぱ肉だろう」ってことで食べ放題の肉。串焼きにしたブロックの肉をスライスして皿に置いてくれます。それも、次から次へと様々な部位の肉を。
 まさしく、「高級レーシングオイルに交換したエンジン」という感じ。身体各部にたっぷりと油が回ったようで、ムチウチでぎくしゃくした関節類も軽く動くようになるってもんで。(んなこたぁないって?)お店を紹介してくれた知人によると「中性脂肪の会」。。。。ま、いいでしょ、めちゃ美味かったし。
 仕上げにテキーラをいただいて、すっかりご機嫌であります。
[PR]
by kaz-105 | 2006-04-16 00:56 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(2)