<   2006年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧
さんま定食
e0011321_15523049.jpg 大阪への出張中に、打合せ先近所の食堂で昼飯にさんま定食を食った。
 お約束といえばお約束だが店の主人も女将も古くからのタイガースファンだそうで、店内にはタイガース選手の色紙や「生」写真がびっしりと飾ってある。そういえば、色紙がずらりと並ぶ店などしばらく入ったことが無かった。渋谷にもそんな店があるのかもしれないが、残念ながら知らない。
 そして、これまたお約束だが、女将がごく普通の「大阪のおばちゃん」ですこぶる愛想が良い。軽快なリズムでノリの良いしゃべくり。もちろん、ボケもつっこみも一人で当たり前のようにこなしてしまい、不必要なまでに会話が弾む。ここしばらく純度や濃度の高い「大阪」に接してなかったもので、「大阪弁を聞くと全部漫才に聞こえる」という非関西人の感想に共感を持ってしまう。
 この空気が、大阪の「普通」。
 で、さんま定食。これが、普通に旨い。きわめて普通。特筆すべきところなど全く無いように普通に旨い。「普通に旨い」ということを敢えて意識してしまうトコロが、「普通に旨い」という感覚の希薄な街・渋谷に住んでいる身の悲しさ。
 ・・・なんて考えながら食っていたら、このさんま、なんか変だなと気がついた。いや、変なのか変でないのかということが気になり始めた。
 というのは、このさんま、右を向いてる。皿に乗ってる魚というのは、たいてい背中を向こう、腹を手前にして、左を向いてるものだ。なぜに右向き?と眺めていると、そうか、開きだからかなということに思い当たった。開きだと右向きに・・・・あれ?そうかなぁ。開きでも左向きって出来るし。
 さらに発見。この開き、背割りじゃないか。普通の開きは腹で割るんじゃないの?
 え?まさか江戸のウナギの開きと同じく「切腹」を嫌って背割りの開きにしてるの?それとも、さんまの開きは背中で割るものなの?
 調子の良い「おばちゃん」の普通の話術を楽しみながら、頭の中はどんどん迷宮に入っていってしまう。。。。。。。。うーむ、おそるべし大阪。
 どなたか、「さんまの開き・背割りか腹割りか、右向きか左向きか迷宮」を解いてください。
[PR]
by kaz-105 | 2006-12-29 15:52 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(3)
絶景カフェ
e0011321_14131522.jpg

この見晴らしが得られるカフェはそんなに多くないと思う。
[PR]
by kaz-105 | 2006-12-27 14:13 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(3)
薫製各種
e0011321_22494953.jpg

出張を兼ねて帰省の旅に出てしまうので、たぶんこれが今年最後の頂き物。すべてお手製の薫製各種。
イワナ、鮭の切り身、チーズ、ハム。
本来は保存食なんでしょうが、あまりにも旨そうなので即座に食ってしまいました。
[PR]
by kaz-105 | 2006-12-26 22:49 | 本日の頂きモノ | Trackback | Comments(0)
クリスマスてぇことで、
e0011321_120627.jpg 毎年恒例なんですが、降誕ミサなんぞに出かけます。
 行われる時刻がちょうど具合が良いという理由でいつもは四谷の教会の英語バージョンのミサに出かけるんですが、今年はちょいと気分を変えて司教座のある大聖堂なんぞに出かけてみました。日本語バージョンです。
 教会堂の建物は言わずと知れた名建築だし、本物のパイプオルガンなんぞもがんがん弾いてくれて、それはそれでイイ感じなんですが・・・「日本語のミサ」ってぇのに少々戸惑いました。
 いやぁ、知識としては知っていたわけです。何十年か前、いつぞやの公会議で各国各々自国の言葉で典礼を行っても良いって決まって以来、自国語、つまり日本では日本語でミサを行うようになったってぇのは。でも、実際に参加してみたのは実は初めてでして。
 いやぁ、不思議な感覚です。ミサの段取りは世界共通。何しろつい最近までは世界中どこでもラテン語で行われてて、それこそ全く同じ段取りでやってたわけです。それが、言葉だけ日本語に置き換わったと。
 「うんにゃらかへにゃへにゃうにゃふにゃへにゃららぁぁ、あぁぁめん・・・」てな感じで、独特のリズムと節回しで何を言ってるのか全く分からないまま心地よく催眠効果のあった司祭の「歌声」が、全て何を言ってるのか分かる言葉、しかも文語体ではなく口語体に置き換わるとですね、これがちっとも眠くなってくれない。渋谷の駅前で街宣車よろしくキリストの教えとやらを説いている怪しげな新興宗教の演説とほぼ同じに聞こえてしまうわけです。(実際、そんなに変わりはないのかも知れませんが。)
 なんともコッパズカシイ気分になってるところにトドメを差されたのが、賛美歌。これまた口語体に翻訳してあって、しかも新たに作曲したのかリズミカルで今風のメロディのもの。スキップするようなメロディで「権威が彼の肩にある!その名は驚くべき指導者!」なんて歌われると、アニメ主題歌の方がはるかにイイぞと思ってしまうわけでして。
 「分かりやすい」ということは必ずしも良い事ばかりではないのかなと考えさせられた夜でした。
[PR]
by kaz-105 | 2006-12-25 01:48 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(1)
シュトーレン
e0011321_1050329.jpg

 この時期のお約束のシュトーレン。
 巷に売ってるのは高過ぎてとてもじゃないが手が出ない。が、今年も友人が手作りして持参してくれた。
 何しろ郷土料理、家庭料理の一種なので、微妙に異なるレシピがいくつもあるそうな。友人も、3種類くらいのレシピを作り分けるそうで、今回持参してくれたのは「日本人向け・作ったら早々に食べても美味しいやつ」だそうな。かなりふんわり柔らか系で実に食べやすい。
 今週予定しているホームパーティに向けては「本格派」のがっちり石みたいなヤツを既に仕込んでいるそうなので、そちらも楽しみ。
[PR]
by kaz-105 | 2006-12-18 10:50 | 本日の頂きモノ | Trackback | Comments(3)
うさぎの饅頭
e0011321_12394384.jpg

名物黒糖まんじゅう・江戸うさぎ……だそうな。
すごく安いらしいが、かなり旨い。
ウサギがなぜに黒糖?と思わなくもないが、鳥のふりまでするヤツだし、まぁいいか。
[PR]
by kaz-105 | 2006-12-17 12:39 | 本日の頂きモノ | Trackback | Comments(2)
代理参加
e0011321_14121227.jpg

ホームパーティに参加できない友人が、代理を送って来た。
代理でも参加してくれると嬉しいものだが、この人、浮かんでばかりだし。
おまけに、手ぶらで来たし。
さすが代理、きっとニセモノだな。


Zくん、ありがとね。
[PR]
by kaz-105 | 2006-12-16 14:12 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(0)
たりらりらーん
e0011321_14133693.jpg

画伯、今夜も良い調子ですな。

お客さまが残していったもの…
[PR]
by kaz-105 | 2006-12-09 14:13 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(4)
鹿肉
e0011321_20381874.jpg

週末のとあるイベントに向けて仕込み中。
信州から届いた鹿肉。ソテーにした。そえるソースは、イチジクとマスカットを赤ワインで煮込んだもの。なんとも抵抗しがたい匂いが部屋に充満していて、明日の夕方まで我慢できるかどうか。
[PR]
by kaz-105 | 2006-12-01 20:38 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(0)