<   2007年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧
公園の桜
e0011321_13284799.jpg


 最寄りの公園の桜も満開。やはりこの2、3日で一気に開いた。
 2本の桜に挟まれた真ん中の木はケヤキだと思うのだけど、こちらは新芽が出てすでに新緑の色合い。
 いやぁ、春爛漫ですねぇ。
[PR]
by kaz-105 | 2007-03-30 13:28 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(2)
今が見頃
e0011321_13443889.jpg

昼の散歩に駒場に来てます。昨日今日の陽気のせいで、一気に咲いたよう。まさに、今が見頃。
[PR]
by kaz-105 | 2007-03-29 13:44 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(4)
毛蟹!
e0011321_111679.jpg

届いた!!!!!
[PR]
by kaz-105 | 2007-03-24 11:16 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(5)
本日、快晴
e0011321_10254896.jpg

散歩に出たら、空がすこぶる青かった。
元気出して行こう!ってぇ感じですかね。
[PR]
by kaz-105 | 2007-03-23 10:25 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(0)
にわかにキューブ
e0011321_1665142.jpg

 懐かしいヒトにはすごく懐かしい、ルービック・キューブ。
 なぜか、いまさらのように、某友人方面でブーム再燃中。
 延焼しそうなんだが、なんとか踏張っている。
 が、間近で見物するのを止められないので、飛び火するのは時間の問題かも。
[PR]
by kaz-105 | 2007-03-21 16:06 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(4)
にわかにF1
e0011321_1314465.jpg


 ここ数年、風の便りにくらいしか接していなかったF1だが、どういう風の吹き回しだか昨年末くらいからまた少し興味が湧いて来ている。先週末に開催された開幕戦もしっかりテレビ観戦。記憶にあるチーム名が並ぶものの、車の風情やドライバーは全く様変わりしているし、レギュレーションまで変わってて、しっかり楽しむにはしばらくリハビリテーションが必要のようだ。
 そのF1熱再燃を助長しているのが、「かつてのビデオ」の発掘。本棚の奥深くに埋もれていた90年前後のF1中継の録画を引っぱり出して、思いつくままに再観戦している。これが、ことのほか面白い。かつてそうだったように、画面の中を走る20年近く前の車に向かって「行けぇ!マンセル!抜けぇ!」と叫んでしまう。
 今年のF1はシューマッハが引退して新旧交代の年らしいが、マンセルみたいに熱く楽しませてくれるドライバーは居るんだろうか?これからちょっとずつ学習して、楽しんでみようと思う。

 写真は、発掘ビデオの鑑賞の友としている当時の公式プログラム。右から87年鈴鹿、89年鈴鹿、90年アデレード。プログラムに挟んであったアデレード戦のパドックパスにはネルソン・ピケのサインが入っていたりする。
 今見ると、アデレード戦と鈴鹿戦のプログラムの作りがかなり違うのが興味深い。鈴鹿のプログラムは妙にマニアックで細かな数値データが山盛り。歴代ドライバーの戦績やら獲得ポイントやら、まるでF1データブックである。対してアデレードの方は、読み物が満載。1950年にF1が始まって500戦目に当たるとかで、その歴史の紹介を始めとして、やたら「文章+写真」であれやこれやと、まるで車雑誌の風情。
 プログラムを手にする観客の求めているものが異なるから、というのがお行儀の良い解釈なのだろうけど、それって、F1をはじめとしたモータースポーツというものに市民権が既にしっかりとあって社会に認知されている状況なのに対して、かたや「F1とはどういうものか?」というトコロから説明しなきゃいけない状況、つまりは読み手の認識はおろか、十分にモノを書ける書き手もそうは居なかったのだろうというふうにも思えてくる。そして、近年のF1中継を思うと、F1が日本で獲得した「市民権」とは、単なるバラエティ番組なんだよなぁと、哀しくもなってしまう。
[PR]
by kaz-105 | 2007-03-20 13:36 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(2)
さよりの一夜干し
e0011321_22121755.jpg

銚子よりお越しです。

こちらも、春の到来を告げてくれています。
[PR]
by kaz-105 | 2007-03-14 22:12 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(1)
いかなごの釘煮
e0011321_2252718.jpg

友人が送ってくれました。
奥様のお手製だそうです。絶品です。美味いです。

いよいよ春到来です。
[PR]
by kaz-105 | 2007-03-14 22:05 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(1)
スタジオ
e0011321_9475522.jpg


 どういうわけか、「写真スタジオ」なんてトコに行って来ました。
 仕事中の友人の表敬訪問というか、山盛りのモデル志願者を見てみたかったというか、単に邪魔しに行ったというか。実のところは、スタジオそのものに興味があって実物を確認してみたかったというか。
 木造2階建ての2階部分にあるスタジオですが、元はアパートで2階には6部屋あったとか。それを間仕切り壁をほぼ全て取っ払い天井も落として、ワンルームのどんがら状態にした上で、目に見えるモノほとんど全てを真っ白に塗ってしまっています。何しろ木造、それなりに無理が利くのは知ってはいますが、あまりに壁が無いので構造的に不安を感じつつも魅力的な空間になってるのは確か。まぁ、2階部分だし大丈夫なんでしょうが、では1階はどうなってるんだろうと余計な心配をしてしまいます。
 この日の本題の「モデル志願者たちの面接」はというと、いろんな意味で圧倒されました。彼女たちの物言いを聞いて、そんなに慌てて急いでどうするのよ、というのが包括的な感想なんですが、「モデル」という商品は賞味期間の限られるナマモノのようですから急ぐのは仕方ないと言われればそうなんですけど。
[PR]
by kaz-105 | 2007-03-12 09:47 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(2)
e0011321_1402921.jpg

 海外赴任が決まった友人の「壮行会」を今夜開催することになっていて、その宴用の食材として届いたモノなので、正しくは「頂きモノ」ではなく「預かりモノ」なのだが、あまりに魅力的なのでご紹介。
 佐渡産の「アワビ」である。
 見た通り、実に粗野な感じで、いかにも荒い冬の日本海に居ましたといった風情を伝えてくれる。今時の便利なネット通販を利用したとかではなく、タイミング良く佐渡に出張した友人が現地の漁港で直接買い付け、手に携えて船と鉄道を乗り継ぎ運び込まれたモノ。
 昨夜の遅くに届いた時点で、いまココで刺身にして食っちまおう!という誘惑が大きかった。何しろ、数に限りがある上に、今夜の壮行会はいったい何人が集まるのか確定できないほど大人数になりそうだし、一人当たりどのくらい食えるのか考えると、それはごくわずかのはず。こういう食材を入手出来たコトが壮行会参加者に知れ渡る前に、特定少数でじっくりと堪能すべきではないかという意見に説得力があった。が、しかし。ぐっと我慢。常に「持つべきものは友人」を実感してる暮らし。一人当たりはわずかの量になろうとも、みんなで食えば喜びも増すし、何より「次の食材」の可能性が大きく膨らむというもの。
 しかし、いかにも旨そうなアワビである。
[PR]
by kaz-105 | 2007-03-09 14:00 | 本日の頂きモノ | Trackback | Comments(5)