<   2008年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
佐渡の味覚
e0011321_115817.jpg

 噂の「もずく」や「イカの丸干し」が届いた!
 おねだりしてしまって、すみません。ロメパパさん、ありがとう!

 この「イカの丸干し」。かつて何度か友人が佐渡出張土産に持参してくれたものと、まんま同じものです。つうことは、その旨さは折り紙付き。内蔵ごと干してあるもんで、ワタの苦み、味わいが何とも言えぬ絶品。ご飯もすすむし、お酒もすすむ、という危険きわまりない逸品ですね。
 で、右下に黒く写ってるのが「もずく」。写真じゃなんだか良く分からない。ビニール袋の上から触ってみても、ぐにゅぐにゅするだけで、やっぱり何だか良く分からない。が、期待の募る気配は満点です。手応えがしっかりしてるし、色つやといい、いかにも「濃い!」って感じです。
 お薦めは「味噌汁」だそうなので、まずはソレかな。天ぷらも良くない?今日もご飯を楽しみにしながら、せっせとお仕事する午後なのです。
[PR]
by kaz-105 | 2008-04-17 11:05 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(1)
醤油
e0011321_16365887.jpg

 前エントリーの新人居候さんが新居探しに出かけ、オイラは事務所で目を三角にして睡魔と戦いつつお仕事をしている日曜の昼下がり、宅急便屋さんがピンポン!またしても頂き物のご到着。今度は、お醤油。
 先週の週末から週明けにかけて、大阪から友人音楽家さんがお仕事を兼ねて東京に来ておりまして、おかげで食事の後はもちろん、仕事中までポロポロと魅惑のサウンドが響いてくるという「生演奏聞き放題」という至福の数日を過ごさせていただきました。寝床と食事を提供して生演奏を得たわけですが、双方の「質」を比べれば、こちらからお礼をしなきゃいけないはずなのに、友人音楽家さんは「お醤油」を送って来てくれました。
 滞在中の雑談で登場した「最近、お気に入りの醤油があるんですよぉ。今度、送りますね。」という発言を実行してくれたわけです。
 開封した瞬間に、「あ、コレ、知ってる!試してみたかったヤツだぁ!」
 うーん、ありがたい。北陸の味覚に技あり醤油。豊かな食卓に恵まれそうです。
 日曜昼下がりの睡魔は吹き飛び、食事を楽しみにしつつ(ここまでは達成)、サクサクと仕事もはかどる(といいなぁ)。
[PR]
by kaz-105 | 2008-04-13 16:36 | 本日の頂きモノ | Trackback | Comments(3)
北陸の味覚
e0011321_16134378.jpg

 4月になって世間では新年度が始まって何かと慌ただしくなるもの。我が事務所はというと、新年度になる前に終わらせてなきゃいけない仕事で慌ただしくなってるという情けない状況なのですが、新年度に「新しく始めること」で慌ただしくなるのが普通。
 とある知人は、この春に「転勤」になりました。オイラ自身は、「転職」の経験はあるものの「転勤」の経験は無く今ひとつリアリティが無いんですが、「転居」を伴う「転勤」はなかなか大変そうです。何しろ実に短期間の間に「新居」を探さなくてはいけません。潤沢では無いであろう資金と時間を前提に見知らぬ土地での新居探しは大変だろうに、ほんの数日でそれを達成することが求められるのには無理があるように思われます。どこのどんなところに住んで日常生活を営むかというのは、仕事の出来にも大きく影響する大事なことですし。
 で、その知人、資金はともかく時間については少しばかり猶予を獲得することに成功。というか、とても数日間では納得のいく物件発見は無理だったようで、「仮住まい」しながら引っ越し先を探すという作戦に出ました。
 はい。身近な方々にはピンとくる展開ですね。「居候している間に新居を探す」というパターンです。

 今回の居候さんは限定2週間の予定。北陸からのお引っ越しなので、北陸の味覚と一緒に「仮住まい」開始です。魅力的な食材が届きました。海の幸が豊かなトコロというのは、いいですねぇ。ぜひとも近場に納得のいく「本住まい」物件を発見していただいて、保存食だけでない「海の幸」を楽しむ仲間になっていただきたいところ。(要するに、実家からどんどんナマモノを送ってもらって、一緒に食べようよ、ってぇことですね。笑)
 楽しい2週間になりそうです。
[PR]
by kaz-105 | 2008-04-13 16:13 | 本日の頂きモノ | Trackback | Comments(0)
e0011321_15513354.jpg

 正真正銘、朝掘りの筍をいただきました。
 このところ、本業(一体何が本業なのか迷われてしまう傾向はありますが、一応、「建築設計」なんぞが本業であります。)の方がえっらいことになってまして、そりゃぁもう忙しくて慌ただしくてってな状況で気持ちの余裕も無くなりがちなんですが、こういう時にこそこの手の頂き物には救われます。
 日本の物流がトラック一辺倒になってしまってるのには異論があるんですが、宅急便の普及というのは実に有り難いものなのだなと素直に感動してしまいます。とある知人が、田舎の実家で朝に掘った筍を「即日配達」なんていう素晴らしい宅急便で送ってくれました。朝掘った筍を、その日の夕刻には渋谷で楽しめる。うーん、素晴らしい。
e0011321_164595.jpg

 さっそく、小振りなやつを焼いていただきましたが、絶品です。鮮度に勝る品質無しって感じですかね。ヒメカワをかじる時の幸福感をなんと表現すればいいのか。
 仕事多忙のおかげで(それ自体は有り難いことなんですが)、企てつつも今年は実現できなかった「知人と一緒に筍掘りに参加する」というイベントも、来年はぜひとも実現したいものです。おっと、来年の筍の前に、秋の「栗拾い」とうのがあるらしいので、ぜひともそれは!
[PR]
by kaz-105 | 2008-04-13 15:51 | 本日の頂きモノ | Trackback | Comments(2)