<   2009年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧
作戦会議につられて
e0011321_2115377.jpg

 久しぶりにライブ鑑賞なんぞに臨んでおります。
 「彼ら」のライブ、深夜の「仕込み」とかは幾度も傍観してましたが、会場に足を運ぶのは初めて。いゃぁ、期待以上に楽しくて、実にようござんし、イェッ!
[PR]
by kaz-105 | 2009-10-25 21:15 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(2)
作戦会議中
e0011321_1471213.jpg

 CDリリース記念のワンマンライブ直前だとかで、作戦会議中の某ユニットの方々。
 インフルエンザ対策というよりは、歌い手さんは喉が命、という理由なんでしょうが、でかいマスクが何やら異様な雰囲気ではあります。
[PR]
by kaz-105 | 2009-10-25 14:07 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(0)
ちょいとブツ探しのついでに
e0011321_18245798.jpg

 本日のサービスディナーに付いてるデザートを食ってます。
 目的の、ブツ関連の様々を無事に終えて、しばしのくつろぎタイムです。
[PR]
by kaz-105 | 2009-10-22 18:24 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(3)
乳もみ女のモッツァレラ
e0011321_18235942.jpg

 昨年いただいて、その美味さに感動したモッツァレラチーズを今年もいだたきました。
 相変わらず、感動的な美味さ。
 そして、変わらぬ「乳もみ女」なパッケージの絵。。。。
e0011321_18274737.jpg

 これぞ、ラテンの底力?
[PR]
by kaz-105 | 2009-10-19 18:23 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(1)
ただいま乾燥中
e0011321_15172171.jpg

 あまりの天気のよさに誘われて、昨日の午後に散歩に出た。ふらふら歩き回るついでに、ちょいと「拾い物」。
 散歩コースの定番のひとつは近場の大学構内なのだが、ソコの銀杏並木の下で「匂い」に誘惑されつつも「なんだか小さいな・・・」と立ち止まることはしなかった。が、グランド奥の外周路で、見過ごす訳にはいかない「大物」を発見してしまったもんで、即「収穫作業」に突入。
 秋だねぇ、という感覚が否が応でも高まる時間。

 本日、サービスベランダでの「果肉の洗浄作業」を終えて乾燥中。
[PR]
by kaz-105 | 2009-10-16 15:17 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(0)
渋皮煮
e0011321_15121329.jpg

 栗の渋皮煮とお茶。
 渋皮煮がたいそう上手にできていて、お茶のおいしさも増すってぇもんで。
 天気もいいし、極楽の昼下がり。
[PR]
by kaz-105 | 2009-10-15 15:12 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(0)
秋の夜長にギターの響き
e0011321_0452896.jpg

 控えめな音量でテレキャスが響く心地よさ。
 今夜の客人、ツアーが近いらしく、「おさらい」に余念がありません。にしても、よく練習しはります。ほんに頭が下がります。
[PR]
by kaz-105 | 2009-10-15 00:45 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(0)
久々の屋上モーニング
e0011321_12283632.jpg

 久しぶりに屋上に出てゆっくりとモーニングコーヒーを楽しんでおります。

 一昨日11日の日曜日は、「一級建築士試験/設計製図の試験」なんてぇもんの日でした。受験するヒト相手の「お教室」をやってるもんで、毎年のお盆の頃から試験本番まではてんてこ舞いの日々なんですが、それも一昨日でほぼ終わり。やっとこさ平常運行に戻ったわけで、昨日、今日と久しぶりに「普通の忙しさ」になり余裕の朝ご飯です。
 この連休、あまりに天気がイイもんで、こりゃ久しぶりに「朝箱」かぁ?なんて発想も夜のうちに浮かんだんですが、目が覚めてみるとすでに「夜明け」ではなく「午前中」な時刻だったので箱根に向けて戦闘機を出動させるのは即中止。代わりに屋上という次第です。

 「お教室」の方は、今週末に「本試験講評会」とか称して今年の出題についてあれこれと解説を試みたり解答例を紹介したりするイベントをやり、その後に「お教室」メンバーの打上げをやれば全日程を終了。そのあとは、合格発表のあるクリスマス前あたりに、合格祝賀会&不合格残念会を兼用してクリスマス・パーティを開催するのみ。はたして今年の教え子たちの成績やいかに。
[PR]
by kaz-105 | 2009-10-13 12:28 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(1)
ちょいとメンテ
e0011321_20504526.jpg

 もう1、2週間前になってしまうのだけど、赤い戦闘機に気になることがあったので、ちょいとメンテしてもらって来ました。

 前回の出張中に、発進時に後ろの方からゴロゴロと妙な感じの振動、さらにとある速度前後に限って妙な振動。。。デフかプロペラシャフトか、どっちかだろうなぁと思いつつ、今年始めの「復活」にあたってデフはオーバーホールしたらしいので、んじゃぁペラシャフトかなと。それにしては、プロペラシャフトのクロスジョイントに付き物の「カチャンッ」てな感じの異音がしなくて妙な感じだったんですが、出張から戻ってしばらく、予定通り(案の定?)数日前から「カチャンッ」という音がわずかに聞こえるようになりました。あ、こりゃやっぱりペラだべ、ってぇことで、さすがにクロスジョイントを自分で交換するのはツライので、工場に持ち込んでメンテしてもらいました。
 「プロペラシャフトのクロスジョイントをオーバーホールする」ということ自体が、今どきのクルマ・メンテのメニューにはないんだろうなと思いつつ、ジョイント圧入前に「穴」をしこしことサンドペーパーで整えてくれるメカの手元を見ておりました。
 国産各社のディーラー工場ではとてもやってくれそうにないどころか、その種のメンテについては「高コスト傾向の行為なので、すべきではない」などと思っていそうです。人件費の固まりみたいな作業ですしね。事実、メカに聞くと「国産だとアッセンブルでプロペラシャフト交換だよぉ」。そりゃそうかも。作業手間は圧倒的に楽だし、ものの30分とかからず作業終了しそうだし。
 メンテ無事終了で振動&異音なく快適になった赤い戦闘機を運転して帰る途中、手のひらサイズの十字形金属のゴミしか出ない作業と、プロペラシャフトまるまる1本のゴミが出る作業じゃ、明らかに前者の方が「今どきの環境志向」だろうななど思いを巡らせていたら、比較の対象を誤っていることにふと気付きました。
 プロペラシャフトを交換しなきゃいけなくなるようなトラブルに遭遇すると、その修理をするよりもクルマごと新車に替えちまう方向なんだろうなと。つまりは、手のひらサイズの十字形金属のゴミと比較すべきは、プロペラシャフト1本ではなく、クルマまるまる1台なんだろうと。
 いいんだろうか、それで。。。いいに決まってますよねぇ。修繕に修繕を重ねて30年も40年も同じクルマに乗る人が増えたら、メーカーさんはつぶれちゃいます。

 初春に復活して半年、ウチの赤い戦闘機はごく普通に働いてくれております。3年の休眠から目覚めた途端に、半年で2万キロ近く走ってくれてるってぇのはたいしたもんでしょう。ちょいと雨漏りが激しいってぇのが、当面の課題ではありますが。
[PR]
by kaz-105 | 2009-10-10 20:50 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(1)