<   2011年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧
フルーツ!
e0011321_11521489.jpg

 漬物と同時に宅配されて来たのが、このフルーツ盛り合わせ。
 漬物の音楽家くんと一緒に時々寄ってくれる歌い手さんが送ってくれた。

 実は、お漬物が届くことは事前にわかっていた。送ってくれた音楽家くんから、「あのお店、ドコでしたっけ?」と問合せの電話があり、店の名前や場所どころか、この季節のお勧めまで伝えてしまってあった。なので、宅配屋さんがピンポンした時点で、満面の笑みで「お漬物ですねぇ!?」と応対した。
 玄関から出てみると、漬物が入ってると思しき梱包とは別の箱が目についてしまった。「阪急の包み紙」に覆われ、燦然と輝いてるように見える。何しろ、「あの包みの箱は、ウチ宛の荷物じゃないな。。。」と思ってしまったくらいの「意外性」。
 で、開けてみると中味がコレ。
 フルーツ。はう・ごーじゃす!
[PR]
by kaz-105 | 2011-07-31 11:52 | 本日の頂きモノ | Trackback | Comments(0)
夏の漬物
e0011321_11443981.jpg

 東京でお仕事がある時にいつも寄ってくれる関西在住音楽家くんから、夏ならではのお漬物が届いた。京都在住の頃に愛用していた漬物屋さんのもの。こりゃ、今夜はお茶漬けだね。
[PR]
by kaz-105 | 2011-07-31 11:44 | 本日の頂きモノ | Trackback | Comments(1)
ラム!
e0011321_20514664.jpg

 北の大地からお越しの客人が、「近所のスーパーで普通に売ってるヤツ」というリクエストに応えて入手してくれ、持ち込んでくれたラム肉各種。
 うふふふ。海もイイけど、陸もイイねぇ。
 
[PR]
by kaz-105 | 2011-07-23 20:51 | 本日の頂きモノ | Trackback | Comments(0)
佐渡から届いた海の恵み
e0011321_20561220.jpg

 久しぶりに再会したクルマ仲間から、「佐渡の親戚から届いたので、少しだけどお裾分け」との連絡に狂喜!届いてみるとちっとも「少し」なんかじゃなくて、しっかり堪能。
 「サザエ」はつぼ焼きで、「シッタカ」は塩ゆででいただく。

 もうねぇ、梱包を開けた途端に「磯の香り」っすよ。たまらねぇぇ!って感じ。
 こういうの、食えなくなったら超悲しいよねぇ。。。大丈夫か?日本の海!
[PR]
by kaz-105 | 2011-07-21 21:02 | 本日の頂きモノ | Trackback | Comments(2)
黒いクルマと言えば同じ?
e0011321_2050413.jpg

 ご近所の風景。
 どちらも「黒いクルマ」と言ってしまえば同じではあるものの。。。
 ちなみに、ひょっとすると「積載量」も同じようなもんかも知れない。

 ・・・そうそう、写真じゃ分からないので補足するとね、左の小さいのは「カントリー」ボディ。バン(ワゴン?)ね。だから、積載量って半端無く多いハズ。
[PR]
by kaz-105 | 2011-07-21 20:49 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(0)
祝・退院!
e0011321_20453739.jpg

 パートナーが愛用するペンケースの修繕が終わって戻ってきた。
 知るヒトぞ知る「people」。

 首のあたりに経年劣化による激しいダメージが在ったため、作ってくれた本人に修繕をお願いしてすでに数年(!)。何しろお互い忙しいもので、「そういえば、どうなったのかなぁ?」と稀に思い出すことはあれど、確認することもなく時が過ぎて・・・すっかり忘れてしまっていたトコロに「退院だよ!」のお知らせメールが届いた。
 パートナー、大喜び!
 何らかの樹脂もしくは接着剤で補修してくれた模様。この赤い素材は人工皮革のようなもので、要するに「化学製品」。この種の化学製品を用いた素材は、経年変化で素材そのものが劣化してしまうようで、これ以上の延命は難しいのかも。長期に使うとなると、やはり自然素材に勝るものはないのだろうなと。
 次に上洛の機会には、オイラ自身が愛用している「河内木綿」で出来たpeopleの修繕をお願いしようかなと考え中。こちらも、首のあたりがすり切れてしまっているし。

 ちなみに、魅力的なペンケース「people」については、こちらを。http://www.bruce-kyoto.com/
 我が友人であるブルースの作る入魂のプロダクトなり。
[PR]
by kaz-105 | 2011-07-21 20:26 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(0)
合歓花
e0011321_19355138.jpg

 「ネムノキ」ってぇコトバは以前から知ってました。が、ソレが植物の名前らしいとは知っているものの、どのような風情の植物なのか、実のところ定かには知りませんでした。(ま、植物に関する知識がその程度でも「ランドスケープ・アーキテクト」を自称して仕事してた時期があったりするのは、ある意味、日本はイイ国なんだってコトで・・・。)
 ここ数日、とある仕事(本業の建築設計)で四国出張に出てました。四国出張となるとお泊りは久しぶりの我が家というコト。久しぶりの温泉だの魚だのを楽しんだワケですが・・・庭に「ネムノキ」があることを発見(というか、コレがネムノキだよと教えられたワケですが)。いつのまに。

 花が咲いております。
 左は朝の状況。右はその前夜、夜の状況。
 庭の世話をする母によると、夕刻から咲き始めて夜には満開(と呼ぶべきかどうか微妙ですが)になり、まるでタンポポの種のような綿帽子状態になった後、夜が明けて明るくなるとしんなりと垂れ下がり始めるとか。対して、葉っぱは、昼間はしゃきっと元気そうながら、夜になるとぐったり垂れ下がって休憩中な感じになってます。
 なんとも不思議な風情。「合歓」と書いて「ネム」なんですが、夜になると休憩しちゃう葉っぱを称して「眠る」ってぇ語がモトになってるらしく。

 写真じゃ2つしか咲いてませんが、つい数日前には一度に10ほども咲いていたとか。でもって、その景色はたいそうカワイかったとか。うぅぅん、ちょっと見たかったかも。来年、機会があるかなぁ。
[PR]
by kaz-105 | 2011-07-05 19:56 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(2)
桃!
e0011321_18363947.jpg

 毎年、この季節になると知人ピアニスト(というより、コンポーザー?それとも、アレンジャー?はたまた「音楽家」と呼べば簡単?)が送ってくれる「桃」。「毎年恒例」になった感があり、実にありがたいコトであります。

 例年ですと、「桃尻!」ってぇタイトルを付けたくなるような、実にお尻っぽい写真が撮れるんですが、今年のは赤い部分が多いもんで尻というのはちょと無理があるようです。・・・過去のエントリーに興味のある方はコチラをご覧くださいませ。
 味の方はというと、これは例年と同様、美味い!の一言。冷やし過ぎない、ほど良い冷たさで食すると抜群。

 そういえば、件の音楽家くんのスケジュールをリサーチしてみると、今月半ばに東京、しかも渋谷でのライブ仕事があるような。ご本人が立ち寄ってくれるコトを心待ちにしつつ、「桃、うま!!」
[PR]
by kaz-105 | 2011-07-05 18:36 | 本日の頂きモノ | Trackback | Comments(0)