<   2012年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧
お茶休憩
e0011321_16582748.jpg

 雛飾りの片付けが終了して、ちょいとお茶休憩中。

 今日は抹茶とかじゃなくて番茶。我が家では通称「お庭のゴミ」と呼んでるヤツ。お茶の葉の風景がね、まるで庭を掃いたゴミそのものに見えるもんで。が、安くて旨い。
 小鹿田焼の小皿に砥部焼のソバチョコ。ともにお気に入りの普通の食器。というか雑器。
 小鹿田焼は、かの柳宗悦センセのおかげですっかり全国区な感じだし、砥部焼も大手デパートで普通に見かけるようになってすっかり全国区な感じ。

 ところで、志賀高原は横手山の山頂レストランで、名物のシチューが砥部焼の器に入って出て来たときには正直ビックリした。しかも、いわゆる砥部焼らしい「極めて重い」器だったので、こんな山頂までこの重い器を運ぶのは大変だったろうし、日々のサービスも大変だろうとあらぬ心配をしてしまった。一方、この砥部焼のソバチョコは、重くない。個人的には、砥部焼は日常雑器であるのだから、軽くて使いやすいに越したことはないと思っている。というか、その方が(軽い方が)望ましい。その意味では、全国区になって都心デパートなどで売られている砥部焼は、「分厚くて重い」ことが砥部焼の魅力的特徴であるという認識が定着しているフシがあって、今ひとつな感がしてならない。
 大鉢などが、その大きさから必然的にある程度以上に重くなるのは仕方ないとしても、安定感を決定づけるのは、印象上も実際も「形」であって「重さ」ではないので、重心の位置ならともかく「重さ」そのものを前面に出して魅力のひとつと表明するのは、造形側の手抜きではないかと思えてしまう。
 しかして、このソバチョコ。通常流通してる砥部焼のソバチョコと同一形状で一回り大きいにもかかわらず、はるかに軽い。つまりは、薄い。が、口当たりは柔らかい。口が触れる縁の部分だけが微妙な厚みを持ち入念に造形されている。こういうのが「職人の普通の手仕事」であって欲しい。
[PR]
by kaz-105 | 2012-03-29 16:57 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(0)
木の箱
e0011321_16395741.jpg

 なんてことない「木の箱」なんだけど、このくたびれ感が何とも言えずイイなと。

 しばらく楽しんだ「雛飾り」を本日やっと片付けまして、この箱の中でお雛様たちがお休みになってるわけです。ま、平たく言うと、雛人形収納箱と。当初から雛人形を収納するためにある箱ではなくて、たまたまちょうど良い大きさ、形だったので雛人形収納用に転用しただけの、普通の箱です。

 この手の「普通の木の箱」って、新たに入手しようとするとなかなか難しいんですよね。ハナシが大げさになり過ぎる傾向があります。「漆塗りの文箱」なんていって探すと、えっらいコトになります。
 いつの頃からか、「普通のもの」が普通には存在しなくなってしまってます。哀しいことです。
[PR]
by kaz-105 | 2012-03-29 16:37 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(0)
プラン検討中
e0011321_16293078.jpg

 駐車場レイアウトの検討中。遊んでるワケではありません。

 持ってる1/100ミニカーはこれしかなくて総動員なんだけど、ホントはもう2〜3台あると検討しやすいんだけどなぁ。
 
[PR]
by kaz-105 | 2012-03-26 16:27 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(0)
桜餅
e0011321_16575555.jpg

 なんだか今年はいろいろと開花が遅いらしく。お散歩コースにしてる近所の桜もまだまだな感じ。しだれ桜なら、もう見頃であって不思議はないんだけど。この調子じゃ、花見は4月も半ばになるんじゃないかってなコトを、夕べ友人と話したところ。
 桜が待ち遠しいなぁというわけでもないが、本日は「桜餅」で薄茶を一服。
 近所のデパ地下で買い求めたもの。関西産ではあるが、残念ながら京都産ではなく近江産。ちょいと塩気がキツかったが、まぁ十分に美味しくいただけました。
[PR]
by kaz-105 | 2012-03-17 16:55 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(0)
本日のサロン
e0011321_14261246.jpg

 なんでも「ホワイトデー」のスペシャルグッズだとかで、抹茶きな粉クッキーを製作中だそうな。
 余りが回ってくるとイイなぁぁ、なんて。

 事務所の方は、「確定申告」すべく、引き続きテンテコとお帳面の整理中。あと少し!
[PR]
by kaz-105 | 2012-03-14 14:24 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(0)
本日のサロン
e0011321_13571430.jpg

 歌い手さん、コソ練中。(ちょいと、席を離れてますケド)
[PR]
by kaz-105 | 2012-03-13 13:57 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(5)
本日のイチナナ
e0011321_14591972.jpg

 出張から戻った際の恒例、下回りの洗浄中であります。
 なにしろ、凍結防止剤というか融雪剤というか、昨今の路上は津々浦々で「白い粉」が山盛りばらまかれているもんですから、積雪に遭遇したなんてコトはなくとも雨に遭遇すればもちろん、水たまりを通過しただけでも「錆び発生剤」を浴びたようなもの。長距離走行後は下回り洗浄が必須です。
 ホントは「スチーム洗車」とかしたいトコなんですが、そういうサービスをやってるトコを知りませんし(京都時代には、近所にソレ専門で食ってる工場が在ったんですが)、「高圧洗浄機」も欲しい欲しいと思いつつまだ導入してませんし、要するに「水で洗い流す」だけですから、いわゆる「洗車ワックス」よりも簡単単純な作業ではあります。庭の水まきよろしく、ひたすら辛抱強く車体下部に水をかけ続けると。

 で、「下」ばかり洗い続けるのも退屈になるので、ついつい「上」も水洗いしてしまい、勢い余って「ワックスもかけるかぁ!」てなことになると。
 今日のイチナナは、なんとなくキレイでしょ?
[PR]
by kaz-105 | 2012-03-11 14:59 | アルファで全開! | Trackback | Comments(0)
本日のイチナナ
e0011321_20254078.jpg

先日とは異なる観覧車の前で休憩中。
今日は観覧車には乗りません。
[PR]
by kaz-105 | 2012-03-07 20:25 | アルファで全開! | Trackback | Comments(1)
青いチューリップ
e0011321_12212122.jpg

 友人から「青いチューリップ」をいただいた。

 なんと言うか、実に微妙。

 彼女が彼氏から花をプレゼントされて、そのお裾分けが回って来たもの。なので、その部分に関しては、つまりは「気持ち」の部分に関しては、微笑ましくも嬉しい状況以外の何ものでもなく、「よかったねぇ」がすべてなのではあるが・・・「キレイだねぇ」とは素直に言えない微妙さが在る。

 「花木」について特に詳しいわけではないので(ココで、造園設計で飯を食ってたじゃねぇか!ってぇ突っ込みはしないでいただきたい。詳しいと自称できるほど植物に詳しくなくても、造園設計ってぇ仕事は可能なのである。)確かなコトは知らないのだが、この「青いチューリップ」は、青い花を咲かせる品種があるのではなく、染料で青く「後加工」したもののようだ。ために、茎や葉っぱも自然な緑色ではなく妙に青黒くなっている。さらには、ガラスコップの水も一晩を経過して何らや青紫に染まっている。
 そもそも「切り花」なんだから、好みに従ってどうアレンジしようが(=どう加工しようが)好きにすればイイものとは思うものの、個人的には(あくまで個人的には、です)この種の加工をしてしまうのは、ちっとも美しいとは思えないってのが正直なところ。「珍しい」とか「見たこともない」(そもそも「青いチューリップ」ってなもんは世に存在しないハズのものですから)からといって、それを珍重しようとは思わないし、ましてやそれを美しいと思ってしまっては「本業に関わる感性」が歪んでしまいそうだなと。

 もっとも、世には「虹色のバラ」なんてぇものも作られてて、人気のため品薄なのだそうだ。これなどは、一目で「こんなの、あるはずないじゃん!」と思えるものなので、どうやって加工しているのかという技術的な好奇心は湧くものの、「花」としての興味も魅力もとんと湧いては来ない。
 これは、蝋細工の食品サンプルと同じ。「もの」として興味も湧くし評価もすれど、「食品」としての魅力が皆無なのが当たり前。つまりは、扱い方を間違えると、とんだことになる。例えば、災害支援物資として「蝋細工の食品サンプル」を送るヒトは居ない。(食堂再開の開業支援として送るのはアリそうだけど)
 同様に、この手の「花」も、扱い方や接し方を間違えると、とんでもないことになるような気がしてならず、「特別の日の贈り物」とかという使用用途も、何やら危うい匂いがしてならない。
[PR]
by kaz-105 | 2012-03-01 12:21 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(0)