<   2012年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧
イブにザッハ
 建築関係者であれば「ザッハではなくザハでしょう」なんて言いそうな今日この頃ですが、いえいえザハではなくザッハです。(カタカナ表記するならザッハではなくサハではないかってなツッコミはナシで。)
 イブからはすでに数日を経過してしまいましたが、今年のイブは食事の仕上げとしてザッハトルテを楽しみました。
e0011321_162559.jpg

 写真をみて、「ホテルザッハ」と刻んであるチョコメダルがのってるのに気付いた方も少なくはないと思います。
 ふふふ。。。「本物」のザッハトルテです。
e0011321_162884.jpg

 かような木箱に入った状態で、ウィーン/ホテルザッハからDHLが運んで来てくれました。運搬途中に外力が作用したのか、チョコレートの表皮のごく一部に小さなクラックが入ってはいましたが、そんなのは大した問題じゃありません。何しろホテルザッハのザッハトルテ、「本物」ですから。

 てな書き方をすると、デメルのザッハトルテの立場はどうなるんだ?ってなことを思う方も居るでしょうが、どっちが元祖でどっちが本物なのかなんてことは、「正しい歴史」を知らず分かりませんし、興味もそれほどありません。重要なのは、ザッハ家ゆかりのホテルで作られたザッハ家ゆかりのケーキが、目の前に在るってぇことです。
 思えばかれこれ30数年前、まだ学生だった頃に、「ホテルザッハではザッハトルテの地方発送を行っているらしい」という情報に接して、その「地方」には極東の島国が入ってないとは限らないと、何とかウィーンに「発注」することは出来ないかと考えたことが思い出されます。当時には「Eメール」なんて便利なものはない上に語学上の問題も大きく、さらには費用の見当もつかずで、考えはしたものの友人誰からも賛同を得られず、「ウィーンのホテルザッハに、日本からザッハトルテをオーダーしてみる」という企ては瞬間的に頓挫してしまいました。
 以来、何度かヨーロッパに旅する機会はありましたが、ついに未だにオーストリアを訪れたことはなく、しかして憧れの「ホテルザッハのザッハトルテ」は幻のままでした。それがついに!!日本で!!・・・なわけです。
 最高のクリスマス・プレゼント。
 ウィーンで手配してくれた友人に感謝です。
 ホテルザッハから直送されて来ましたから、それなりに頼めば日本からオーダーすることも可能なのかも知れません。

 ちなみに、お味はというと、もちろん美味い!
 以前に日本で食したことのあるデメル製ザッハトルテや、海外のケーキは日本製に比べて一般的に「濃い」ということから、かんなりチョコチョコした濃いぃぃものだと想像していたんですが、これが意外にあっさり。もちろん、しっかりとチョレートらしい濃い味ではあるものの、ちっともしつこくなくて、しかして「たくさん食べても平気」でした。個人的なお好みもあるでしょうが、オイラ的にはデメルよりホテルザッハの方に軍配を上げます。

 かくして、美味しく楽しいケーキタイムの後は毎年恒例の降誕ミサに出かけて、イブの夜を幸せにすごしました。めでたし、めでたし。。。
e0011321_165130.jpg

[PR]
by kaz-105 | 2012-12-27 01:09 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(0)
東京駅夜景
e0011321_1834128.jpg

 昨夜のパーティ会場から。
 新装されてから、まだ一度も見たことのなかった東京駅。暗くてよく分からんし。
[PR]
by kaz-105 | 2012-12-20 18:37 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(0)
年末メンテ
e0011321_11331664.jpg

e0011321_11335394.jpg 大掃除の一環ではあるので年末に相応しいメンテとは言えるものの、「よしず」ってぇのは夏のものなので入手にいささか手間取った。かつ、割高だったのかも知れない。
 中庭の目隠しにしている「よしず」を交換した。
 10年目にして2回目の新品交換なので、5年ごとに交換というペースである。
 取り外した「よしず」は、燃えるゴミとして出せるように細かく裁断して袋に詰め込む。大きいままでは持って行ってくれないし。昔なら、間違いなく「たき火」してしまうところ。乾燥しきって実によく燃えそうな風情で、薪ストーブでもあれば着火時に重宝しそうだ。藁のように燃えやすそうで、藁よりは多少火力もありそうだし。
[PR]
by kaz-105 | 2012-12-19 11:41 | 建築雑感 | Trackback | Comments(0)
ほぼ1年ぶりに
 とある国家資格の受験仲間が、ほぼ1年ぶりに集って顔を見せてくれた。
e0011321_10554677.jpg

 半ば趣味のように受験指導の集まりを始めて既に10年。社会人試験なので毎年様々な世代が集うのだが、年ごとに微妙に性格が異なる集団となる。この日集まってくれたのは一昨年の受講生たちの一部で、この年の受講生は例年に比べて闊達な上に結束が強い。どうやら、不定期ではあるがちょくちょく集まって飲んでいるらしい。
 この日は、受験後にドイツに渡った仲間の一時帰国に合わせて、クリスマスパーティと再会の宴を兼ねようというもの。実に若々しく賑やかな楽しい宴に混ぜてもらえるのは嬉しい限り。
e0011321_1161146.jpg

 クリパらしく「プレゼント交換」をやったのだが、ドイツ帰りの持参したプレゼントは「ウィーン市庁舎」を象った木製のオーナメント。まんまとホストが引き当てて、さっそく飾ってしまう。(交換手続きに不正があったのではとの疑義も出たが・・・笑)

e0011321_1112323.jpg
 今期2度目のチキン。
 前回より少々「若い」チキンだそうで、従って少し小振りながら肉が柔らかい気がした。あまり冷静に食べてないので、何がどう違うのか定かには味わえていない。


e0011321_1115142.jpg
 ちなみに、この鶏。3年前までは町内に「鶏肉専門店」があったのでソコで調達していたが、「高齢化」ととも閉店してしまったため、近場に適当な店がなく最寄りの「デパ地下」で買うしかなくなっていた。が、このたび「これからはココで買おう!」という店を発見。少しばかり遠いのが難点だが、価格&品質とも素晴らしい店。怪しさまで兼ね備えた店が、探せば見つかるものだ。
 通りに面した店先では、鶏肉のメンチカツだの唐揚げだの加工したものを売っていて、丸鶏とかは向かって左脇の通路奥で売っている。その通路奥の感じが、実に怪しくて素敵である。
[PR]
by kaz-105 | 2012-12-19 11:27 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(0)
照明って大事
 このところ身近に「引越しネタ」が多いんですが、世の中そういう時期なんでしょうか。

 本日も引越しネタでおます。
 友人が仕事がらみの引越しのため初東京生活を始めるにあたり、住まい探しから協力させていただいたんですが、本日「最終段階」ともいえる作業を実施。ちょいと思わぬ事態も発覚しましたが、ほぼ無事に終了と。
 ナニをしたかというと、「ペンダントライトの取付」でおます。

 午後の日差しもそこそこ傾き始めた頃に、「物件下見」から何度か訪れている友人宅に、工具をぶら下げてお邪魔しました。
 (蛇足1:「建築」と呼ぶのはともかくとして、「建物」とか「住宅」とか「土地」とかのことを「物件」と呼ぶ世界・業界って、一種独特のメンタリティが在るようで理解しにくい上に共感を持てないことが多いのは、気のせいでしょうか・・・)

e0011321_2201245.jpg 「作業現場」に入ると同時に迎えてくれたのは、何ともイイ感じにディスプレイされた出窓。
 引越しにあたっては「賃貸」の制限の中で可能な「気持ちよく住むためのアレコレ」について助言しまくったんですが、カーテン&ブラインド類もそのひとつ。ウッドブラインドがいい味を出してくれてるのに一安心。
 (蛇足2:住まい手であるご夫人のディスプレイセンスの名誉を守るために付記しておきますが、渋い食器の前に置かれた果物はオイラたちが持ち込んだものでして、オリジナルの状態ではそれらは無かったと。ま、果物アリも、悪くはないでしょ?ね?)
 (蛇足3:出窓の手前には、柿色のロールブラインドも設けてありまして、外光の表情をあれこれ楽しめるようになっております。)

 あれこれアドバイスした中で最も「大物」だったのが、収納家具。
 海外からの引越しだったせいか持ち込み家具に偏りがあった上に、見つかった「物件」の間取りに合わせた収納計画を検討した結果、リビング壁面に収納家具を新調するという結論に至り・・・しかし予算には限りがあるぞと。
 限られた予算で最大限の効果を期待したい時に頼りになるとすれば、アレです。賢く使えば実にユースフルなIKEA。
 (蛇足4:つまりは、賢く使わなければ&賢く使えなければ、ガッカリしてしまうのもIKEA、でもあります。)
e0011321_2331375.jpg

 現場を入念に実測し、置きたい家具だの物品だのも実測し、室全体のレイアウトを検討した上で購入すべき「組合せ」を見出しております。ま、下準備はソコソコ面倒ではありますが、解くべきプログラムが頭に入ってしまえば後は比較的簡明で「難しいプランニング」というわけではありません。とはいえ、IKEAスタッフとの相談やら確認やらは、やっぱ面倒だけど。購入だけでなく施工が絡むと特に。
 ピアノ&ビオラを置くスペースを確保し、インターホンだの電話だのの都合も考えた上で、かつ少しは「お飾り」を楽しむスペースも欲しい、てなことをクリアしつつ、最大限に収納容量は確保しましょう、とおいう組合せ。梁下やカーテンボックスをかわすのがポイントでしたと書けば、ご同業の方々には「あ、なぁるほどね」と納得いただけるであろう「こうするしか、ないよね」という組合せのひとつであります。
e0011321_251341.jpg
 で、最後にちょっとした茶目っ気のような「処理」がしてありまして、それは引き出し類の「把手」。IKEA店頭では決めきれず、後から付けるのも難しくないし時間をかけてじっくり考えればイイじゃんと「住人の宿題」にしてあったのですが、把手ナシのまま引き出しにモノを詰め込んで重くなってしまっては「開けられなくなる」こと必至。とにかく何とかしとかなきゃと「養生テープ」をカットして付けてあります。取付施工の現場でのアドリブ。
 ところが、コレが思いのほかお気に入りになってしまって、今に至ると。
 意外にね、イイんですよ、コレが。「養生テープ」のままでも悪くはない。機能的には十二分だし。
 それらしいリボンなんぞを用意してきちんと位置決めして貼付けておくってのは、十分にアリだなと。

e0011321_3122664.jpg 機能的に十分であれば、その存在が感じられないに越したことはないのです。本来そういう性格のものって少なくないはずなのに、やたらと「存在を主張する」のが昨今の風潮でして、それをして「デザイン」だのと言ってしまうし、そうでなきゃ「商売」にならないとか考えるものだから、ろくなことにならないんですよね。「足るを知る」ってぇことを改めて思い起こしました。

 てな具合にこれまでのアドバイスの成果を確認しつつ、さっそく照明器具の取付作業に取りかかるかというと、さにあらず。
 まずは友人との遅い昼食を楽しみます。
 なにせ「業務」として来てるわけではありませんし。

 ・・・んんん、美味いし楽しい。。。
 ひとしきり楽しんだ後に、作業開始。サクっと終わらせてお茶でも飲んで・・・と思ってましたが、ここで予想だにしていなかった事態に直面。
 このリビングだけは入居にあたってクロスを新調しました。そのクロスのセレクトだの施工時の注意だのをアドバイスしていたにもかかわらず、うかつな、しかし重要な見落としがあったことが発覚。天井をね、ずっと「プラボ下地クロス仕上げ」だと思い込んでたんですよね。
 照明器具をぶら下げるヒートンを打とうと思ったら打てない。あれれ?これってプラボじゃなくてコンクリートじゃん。・・・直天でした。ダメじゃん。
 「正しい位置」には取付られないので今日のところは仮付けで済ませて、後日それなりの器具追加と相成りました。
e0011321_3255895.jpg

 思惑とは微妙に異なる位置にぶら下がっているため、ダイニングテーブルを「正しい位置」に置けてないんですが、今日のところの完成図。
 定番中の定番、PH5です。
 やっぱね、照明って大事。
 (蛇足5:この写真を撮った後でお茶タイムを楽しんだんですが、その時にどうしても気になって仕方なかったもんで、照明の高さを5cm下げました。ホントはもう10cm下げたかったんだけど、「日本の常識」を気にして少し遠慮。ちょっとしたことですが、印象ががらっと変わります。明るくしたいトコロだけが明るくなるように。これまた「足るを知る」の仲間かなぁと。)
[PR]
by kaz-105 | 2012-12-14 03:49 | 建築雑感 | Trackback | Comments(1)
たこぱ、その後
e0011321_0241010.jpg

 魅惑の「クリパ兼たこぱ@東京移住歓迎会」から明けて翌日。
 たこ焼きのね、ネタがね、少しだけ残ってたんですよね。おまけに、たこ焼き器をひとつ置いてってくれたんですよね。昨日の特訓の成果を活かすべく、今夜もこじんまりとたこ焼き。

 成功です。
 美味かったです。

 カギは「粉」かな。たこ焼き用に調合された出汁入りの美味しい粉。
 関西方面の方々、よろしくです。たこ焼き器は手に入りましたし。笑
[PR]
by kaz-105 | 2012-12-13 00:29 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(1)
今年の初クリパ=当家初たこぱ
 関西では「たこぱ」というらしいです。
 京都で都合20年暮らしたし、関ヶ原だの箱根の関より西という意味では「関西」の出身ではあるんですが、うかつにも「たこ焼きパーティ」というモノの経験がありません。たこ焼き自体は好物で、よく食べたけれど。昨日、今年の最初のクリスマスパーティを催したのですが、それは奇しくも初めての「たこ焼きパーティ」でもあったという次第。

 親愛なる友人にして最も尊敬すると言っても差し支えの無い音楽家くんが、関西から東京に引っ越して来ました。となると、歓迎会をするのは必至。時期も時期だしクリパを兼ねようってぇつもりだったのですが、迎える側の1人が「たこ焼き、食いたい!」との発言。さらに迎える側の別の1人が「たこ焼き器なら、持ってるヨ。(註:関西弁イントネーションで読んでください)」。さらにさらに、迎えられる側から「粉、買うて行くし、たこ焼き器も持って行くわ。」・・・やるっきゃないじゃん!たこぱ!

e0011321_2117312.jpg

 さて当日(つまりは、昨日やね)。ホスト役に「たこ焼き」作成経験は全くなく、訳も分からず言われたままに準備中。せっせとネギを刻んでおります。
 早めに到着した「迎える側」の1人は、慌ただしくなる前に一仕事中。いえ、「本業」をやっておられるのは確かではありますが、これが実は「たこぱ」準備の手伝いも兼ねております。つまりは、この方面の客人が「音楽」な音を発しているとホストはご機嫌でカラダが動くのでありまして・・・。ちなみに、コード譜を書いておられます。・・・ほほぉぉ、コード譜とな。新ネタを仕込み中なわけね。練習、した方がいいよねぇ。うふふ(と、よこしまな考えが浮かぶのを止められるワケがありません。)

e0011321_21251740.jpg

 よこしまな考えなんぞ育てる間もなく、登場人物勢揃い(一部遅れた方も居ましたが)&準備完了で、さっそく焼き始めます。いともあっさりと何のドラマチックな瞬間もなく、焼き始めます。・・・すき焼きとかだとさぁ、暖まった鉄板に「じゅぅぅぅ〜〜」と脂身を置く瞬間とかさぁ、何かドキドキが盛り上がる「時」があるじゃん。「あ、ええんちゃいます?焼きましょか。」とあまりに普通過ぎて。
 迎える側と迎えられる側と、双方が「たこ焼き器」を持参してくれたので、2台体制。参加人数からすると、この2台体制は大正解で需要と供給がイイ感じでバランスしてました。

 で、せっせと焼いてます。せっせと焼いていると、よく意味の解らない「専門用語」が飛び交います。「引っ越しせなアカンかも」「もうちょっとしたら、こっちに引っ越ししたらエエやん。」「そやな。」・・・引っ越し?引っ越しは終わって歓迎会ちゃうの??
 訳も分からず手伝っていると、専門用語の意味が何となく理解出来てきます。「外国語」ではないようです。大丈夫、マスターしたし。

 たこ焼きダイナミクス!
e0011321_21384371.jpg

e0011321_21385552.jpg

 回すのがねぇ、楽しいねぇ。
 東京育ちの少年も、楽しく回してたし。

e0011321_21401878.jpg あくなき食欲が新メニューの生みの親、の図。
 何かというと、たこ焼き器の「穴」」にオリーブオイルを満たして、ガーリックを付けたタコを揚げております。
 コトの経緯を多少説明しますと・・・このパーティ、あくまで「クリパ」の位置付けを失いたくなかったので、「鳥の丸焼き」も準備してました。つまりは、丸鶏を買って来てたわけです。対して、たこ焼きには「蛸」が必須なので、もちろん蛸も買って来たわけですが・・・なんと丸鶏より蛸の方が高い。ココにひとつの深い謎が提起されます。「東京では蛸が高いから、たこ焼きが一般化しない。」のか、「たこ焼きが一般化してないから、東京では蛸が高い。」のか。(明石が遠いから蛸が高い、という説もありはしまたが。)
 謎はさておき。この高額な蛸。「たこ焼き」を前提に売られてるモンじゃないわけでして、ごく普通に美味しいわけです。ならば、ごく普通に美味しく食べようよ、ということで、「たこ焼き」から「たこだけ焼き」「たこオリーブオイル焼き」と進んで、「たこガーリックオイル焼き」に発展したと。
 で、この後が至福なんですが、蛸を楽しみ終わった「ガーリック・オリーブオイル」の始末に一瞬悩んだものの、えい!とばかりにたこ焼き器の鉄板全体に広げてしまいまして、そりゃもうあたりはまるっきり地中海料理屋な香り。地中海風たこ焼き、これもまた美味しゅうございました。

e0011321_23502847.jpg

 香りが大阪から地中海に移ったところで、「たこぱ」から「クリパ」に変身。メインのトリさまのご登場です。こちらはもうお馴染み、この時期の当家定番メニュー。興味の的と言えば、今期はいったい何羽のトリを焼くのか?(=何回クリパをやるか?)昨年は4羽、一昨年は6羽でしたが、はたして今年は?

 さて、ひとしきり食って飲んで騒いで、最後は至福の音楽タイム。パーティ冒頭の「よこしまな考え」は、やさしい客人たちのおかげで見事に成就したわけでして、めでたし、めでたし。e0011321_23541317.jpg
 ちっぽけな狭いリビングで生音生声ってぇのは、ホントに至福でして、これを一度経験しちゃうとその後の音楽趣味が変わってしまいます。もちろん、より幸福な方に。
 あぁ、ありがたや、ありがたや。
 日本の「音楽事情」が「握手券のおまけ」に成り下がっている原因のひとつは、こういう幸福な時間が必ずしも一般的ではないってぇコトではないかと思うわけです。スピーカーから出て来る音ではなく、楽器(もちろん、スピーカーを用いてない楽器ね)やヒト(もちろん、マイクを経由してない声ね)から直接響いて来る音楽に接する機会が増えれば、否が応でも、ごく普通の行為として「ちったぁマシな音楽」を求めざるを得なくなって、現状の「悪循環」が「善循環」に変わると思うんですが。
[PR]
by kaz-105 | 2012-12-13 00:11 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(0)
室内の飾りは・・・
 室内の飾りはというと・・・やはり、コレしかないでしょ。

e0011321_2015314.jpg

 ユポで出来てて水に濡れても平気だし室内に限らず室外でも大丈夫なんですが、玄関にはツリーと合わせて例年愛用のリースが居るので、仕方なく室内に。・・・というか、玄関の外に飾ると、普段の生活では見えなくて楽しくないし。

 光の変化に応じて影が印象を変える美しさを楽しみたいので、トップライトの光が落ちる白い壁面に飾りたい・・・ということで、我が家においてそういう場所の選択肢はほとんどなく、必然のようにバスルームの扉にぶら下げてあります。

 これねぇ、チオリンのお作なんだけど、いやぁ傑作ですよ、コレは。
 これをネタに1時間くらいの講義は出来るんじゃねぇかと思うほどいろんな切り口で楽しむことができ、かつ(ここ大事なトコだけど)理屈だの蘊蓄は全く抜きにして、純粋素朴にして美しい。
 これくらいの傑作になると、ダサくて鈍い日本の市場にも解るらしく、あちこちで買えるようになって来た模様。まだの方はぜひ!
[PR]
by kaz-105 | 2012-12-12 20:13 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(1)
今年のツリー
 「速報」エントリーに1枚だけ掲載しただけでは寂しいので(オイラがね)、今年のツリーの写真をもう少し。
 まずは全景。
e0011321_19194479.jpg

 ま、「今年のツリー」とか言っても去年のツリーとどこが違うわけでもなく、毎年同じと言えば同じなんですけどぉぉ・・・敢えて違いを指摘するとすれば、一応いくつかはありまして。
 まず。
 一番大きな違いは、「木に元気がない」・・・ダメじゃん。。
 なんかねぇ、飾り付けの少し前まではスゴく元気で緑イキイキだったのに、ほんの数日ですっかり緑が黄緑、一部黄土色ってな具合になっちまって「これ、枯れてんじゃね?」な状態に。一説には「突然の寒波でやられたんじゃないか?」と言われてるんですけど、「突然の寒波」ってどの寒さを指すんだろう?とか、そもそも寒いとこの木じゃないのか?とか、ナゾです。
 鉢植えで維持するのは難しいとは聞いたことあるんだけど、今までの経験では3年や4年は大丈夫で、通常の定位置である屋上隅っこから1階に運ぶエレベーターに乗せられなくなるほど育った頃に元気がなくなってくるという感じのはず。この木はまだ2年目なのになぁ。・・・(「庭」にどどぉぉんと大きなモミの木がある家とか、うらやましいっす。)

 お飾りについては、例年通り10年ものの「チカチカ」(従って流行のLEDではなく、ために光が実に穏やかでイイ感じ。)を使ってるし、原則的に例年と同じ・・・ではなく、一部が「今年バージョン」になっておりまして、明らかに去年よりちょいと華やかな感じがいたします。

e0011321_1930117.jpg

 この雪だるまくんは去年も居たんですが、左の「赤縞模様のプレゼント」さんが新参であります。
 それに、華やかさをぐっと増してくれた立役者は奥にコソっと写ってる「金色のボール」。この金色ボールたちはなかなかの「経歴」の持ち主でして、かつてはイスタンブールの街中の住居でボスポラス海峡を見下ろしながら輝いたこともあるという方々。彼の地より日本への引越しには同行させてもらえたものの、日本からロンドンへの旅立ちに際しては「荷物を極力少なくしたい」という要望のため置き去りを余儀なくされ・・・捨てるのは勿体ないので我が家で引き取ったという次第。あまりにでかいガラスボールで、しかも金色なので、こじんまりした我が家の小さなツリーには似合わないかも知れぬと当初は飾るのをためらったのですが、飾ってみると「お。。イケてるじゃん!」。
 というわけで、例年は銀色メインで揃えていた(それはそれで、結構イケてたと思う。個人的には。)のを、今年は金色も混ぜて飾ってあり・・・なんだかゴージャス。

e0011321_19472877.jpg

 こちらの天使くんも、今年の新人さん。手に持ってるモノが少しずつ違ってるのが6人(ヒトじゃないし6匹?それとも羽があるし6羽?シッポはないし6尾とは言わないよね。)ほどいらっしゃいます。ツリーてっぺんには針金細工のガブくんが居るし、このアンジーたちにはツリーの上の方にまとまって居てもらってます。そのへん、かなり鳥っぽいですねぇ。

e0011321_19524153.jpg

 で、今年のツリーのオイラ的密かなお気に入りが、コレ。
 雪だるまくん(スノーマン・・・なのかな?)は従来より居るんですが、今年新参の「プレゼント箱」を添えてぶら下げたところ、なんだか雪だるまがプレゼントぶら下げて飛んでるみたいで、イイじゃぁぁん!な気分。・・・ま、気付くヒトなんぞ、およそ居ないんですけどね。人知れず悦に入るってのは建築家の本分みたいなモンですし。
[PR]
by kaz-105 | 2012-12-12 19:59 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(0)
少しずつ準備中
e0011321_19131455.jpg

 毎年毎年心づもりしてたタイミングからはずいぶんと遅れてしまうのだけど、今年も遅ればせながらやっと飾り付け完了。玄関先が少しばかり華やかになりました。
[PR]
by kaz-105 | 2012-12-11 19:15 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(2)