今年の初クリパ=当家初たこぱ
 関西では「たこぱ」というらしいです。
 京都で都合20年暮らしたし、関ヶ原だの箱根の関より西という意味では「関西」の出身ではあるんですが、うかつにも「たこ焼きパーティ」というモノの経験がありません。たこ焼き自体は好物で、よく食べたけれど。昨日、今年の最初のクリスマスパーティを催したのですが、それは奇しくも初めての「たこ焼きパーティ」でもあったという次第。

 親愛なる友人にして最も尊敬すると言っても差し支えの無い音楽家くんが、関西から東京に引っ越して来ました。となると、歓迎会をするのは必至。時期も時期だしクリパを兼ねようってぇつもりだったのですが、迎える側の1人が「たこ焼き、食いたい!」との発言。さらに迎える側の別の1人が「たこ焼き器なら、持ってるヨ。(註:関西弁イントネーションで読んでください)」。さらにさらに、迎えられる側から「粉、買うて行くし、たこ焼き器も持って行くわ。」・・・やるっきゃないじゃん!たこぱ!

e0011321_2117312.jpg

 さて当日(つまりは、昨日やね)。ホスト役に「たこ焼き」作成経験は全くなく、訳も分からず言われたままに準備中。せっせとネギを刻んでおります。
 早めに到着した「迎える側」の1人は、慌ただしくなる前に一仕事中。いえ、「本業」をやっておられるのは確かではありますが、これが実は「たこぱ」準備の手伝いも兼ねております。つまりは、この方面の客人が「音楽」な音を発しているとホストはご機嫌でカラダが動くのでありまして・・・。ちなみに、コード譜を書いておられます。・・・ほほぉぉ、コード譜とな。新ネタを仕込み中なわけね。練習、した方がいいよねぇ。うふふ(と、よこしまな考えが浮かぶのを止められるワケがありません。)

e0011321_21251740.jpg

 よこしまな考えなんぞ育てる間もなく、登場人物勢揃い(一部遅れた方も居ましたが)&準備完了で、さっそく焼き始めます。いともあっさりと何のドラマチックな瞬間もなく、焼き始めます。・・・すき焼きとかだとさぁ、暖まった鉄板に「じゅぅぅぅ〜〜」と脂身を置く瞬間とかさぁ、何かドキドキが盛り上がる「時」があるじゃん。「あ、ええんちゃいます?焼きましょか。」とあまりに普通過ぎて。
 迎える側と迎えられる側と、双方が「たこ焼き器」を持参してくれたので、2台体制。参加人数からすると、この2台体制は大正解で需要と供給がイイ感じでバランスしてました。

 で、せっせと焼いてます。せっせと焼いていると、よく意味の解らない「専門用語」が飛び交います。「引っ越しせなアカンかも」「もうちょっとしたら、こっちに引っ越ししたらエエやん。」「そやな。」・・・引っ越し?引っ越しは終わって歓迎会ちゃうの??
 訳も分からず手伝っていると、専門用語の意味が何となく理解出来てきます。「外国語」ではないようです。大丈夫、マスターしたし。

 たこ焼きダイナミクス!
e0011321_21384371.jpg

e0011321_21385552.jpg

 回すのがねぇ、楽しいねぇ。
 東京育ちの少年も、楽しく回してたし。

e0011321_21401878.jpg あくなき食欲が新メニューの生みの親、の図。
 何かというと、たこ焼き器の「穴」」にオリーブオイルを満たして、ガーリックを付けたタコを揚げております。
 コトの経緯を多少説明しますと・・・このパーティ、あくまで「クリパ」の位置付けを失いたくなかったので、「鳥の丸焼き」も準備してました。つまりは、丸鶏を買って来てたわけです。対して、たこ焼きには「蛸」が必須なので、もちろん蛸も買って来たわけですが・・・なんと丸鶏より蛸の方が高い。ココにひとつの深い謎が提起されます。「東京では蛸が高いから、たこ焼きが一般化しない。」のか、「たこ焼きが一般化してないから、東京では蛸が高い。」のか。(明石が遠いから蛸が高い、という説もありはしまたが。)
 謎はさておき。この高額な蛸。「たこ焼き」を前提に売られてるモンじゃないわけでして、ごく普通に美味しいわけです。ならば、ごく普通に美味しく食べようよ、ということで、「たこ焼き」から「たこだけ焼き」「たこオリーブオイル焼き」と進んで、「たこガーリックオイル焼き」に発展したと。
 で、この後が至福なんですが、蛸を楽しみ終わった「ガーリック・オリーブオイル」の始末に一瞬悩んだものの、えい!とばかりにたこ焼き器の鉄板全体に広げてしまいまして、そりゃもうあたりはまるっきり地中海料理屋な香り。地中海風たこ焼き、これもまた美味しゅうございました。

e0011321_23502847.jpg

 香りが大阪から地中海に移ったところで、「たこぱ」から「クリパ」に変身。メインのトリさまのご登場です。こちらはもうお馴染み、この時期の当家定番メニュー。興味の的と言えば、今期はいったい何羽のトリを焼くのか?(=何回クリパをやるか?)昨年は4羽、一昨年は6羽でしたが、はたして今年は?

 さて、ひとしきり食って飲んで騒いで、最後は至福の音楽タイム。パーティ冒頭の「よこしまな考え」は、やさしい客人たちのおかげで見事に成就したわけでして、めでたし、めでたし。e0011321_23541317.jpg
 ちっぽけな狭いリビングで生音生声ってぇのは、ホントに至福でして、これを一度経験しちゃうとその後の音楽趣味が変わってしまいます。もちろん、より幸福な方に。
 あぁ、ありがたや、ありがたや。
 日本の「音楽事情」が「握手券のおまけ」に成り下がっている原因のひとつは、こういう幸福な時間が必ずしも一般的ではないってぇコトではないかと思うわけです。スピーカーから出て来る音ではなく、楽器(もちろん、スピーカーを用いてない楽器ね)やヒト(もちろん、マイクを経由してない声ね)から直接響いて来る音楽に接する機会が増えれば、否が応でも、ごく普通の行為として「ちったぁマシな音楽」を求めざるを得なくなって、現状の「悪循環」が「善循環」に変わると思うんですが。
[PR]
# by kaz-105 | 2012-12-13 00:11 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(0)
室内の飾りは・・・
 室内の飾りはというと・・・やはり、コレしかないでしょ。

e0011321_2015314.jpg

 ユポで出来てて水に濡れても平気だし室内に限らず室外でも大丈夫なんですが、玄関にはツリーと合わせて例年愛用のリースが居るので、仕方なく室内に。・・・というか、玄関の外に飾ると、普段の生活では見えなくて楽しくないし。

 光の変化に応じて影が印象を変える美しさを楽しみたいので、トップライトの光が落ちる白い壁面に飾りたい・・・ということで、我が家においてそういう場所の選択肢はほとんどなく、必然のようにバスルームの扉にぶら下げてあります。

 これねぇ、チオリンのお作なんだけど、いやぁ傑作ですよ、コレは。
 これをネタに1時間くらいの講義は出来るんじゃねぇかと思うほどいろんな切り口で楽しむことができ、かつ(ここ大事なトコだけど)理屈だの蘊蓄は全く抜きにして、純粋素朴にして美しい。
 これくらいの傑作になると、ダサくて鈍い日本の市場にも解るらしく、あちこちで買えるようになって来た模様。まだの方はぜひ!
[PR]
# by kaz-105 | 2012-12-12 20:13 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(1)
今年のツリー
 「速報」エントリーに1枚だけ掲載しただけでは寂しいので(オイラがね)、今年のツリーの写真をもう少し。
 まずは全景。
e0011321_19194479.jpg

 ま、「今年のツリー」とか言っても去年のツリーとどこが違うわけでもなく、毎年同じと言えば同じなんですけどぉぉ・・・敢えて違いを指摘するとすれば、一応いくつかはありまして。
 まず。
 一番大きな違いは、「木に元気がない」・・・ダメじゃん。。
 なんかねぇ、飾り付けの少し前まではスゴく元気で緑イキイキだったのに、ほんの数日ですっかり緑が黄緑、一部黄土色ってな具合になっちまって「これ、枯れてんじゃね?」な状態に。一説には「突然の寒波でやられたんじゃないか?」と言われてるんですけど、「突然の寒波」ってどの寒さを指すんだろう?とか、そもそも寒いとこの木じゃないのか?とか、ナゾです。
 鉢植えで維持するのは難しいとは聞いたことあるんだけど、今までの経験では3年や4年は大丈夫で、通常の定位置である屋上隅っこから1階に運ぶエレベーターに乗せられなくなるほど育った頃に元気がなくなってくるという感じのはず。この木はまだ2年目なのになぁ。・・・(「庭」にどどぉぉんと大きなモミの木がある家とか、うらやましいっす。)

 お飾りについては、例年通り10年ものの「チカチカ」(従って流行のLEDではなく、ために光が実に穏やかでイイ感じ。)を使ってるし、原則的に例年と同じ・・・ではなく、一部が「今年バージョン」になっておりまして、明らかに去年よりちょいと華やかな感じがいたします。

e0011321_1930117.jpg

 この雪だるまくんは去年も居たんですが、左の「赤縞模様のプレゼント」さんが新参であります。
 それに、華やかさをぐっと増してくれた立役者は奥にコソっと写ってる「金色のボール」。この金色ボールたちはなかなかの「経歴」の持ち主でして、かつてはイスタンブールの街中の住居でボスポラス海峡を見下ろしながら輝いたこともあるという方々。彼の地より日本への引越しには同行させてもらえたものの、日本からロンドンへの旅立ちに際しては「荷物を極力少なくしたい」という要望のため置き去りを余儀なくされ・・・捨てるのは勿体ないので我が家で引き取ったという次第。あまりにでかいガラスボールで、しかも金色なので、こじんまりした我が家の小さなツリーには似合わないかも知れぬと当初は飾るのをためらったのですが、飾ってみると「お。。イケてるじゃん!」。
 というわけで、例年は銀色メインで揃えていた(それはそれで、結構イケてたと思う。個人的には。)のを、今年は金色も混ぜて飾ってあり・・・なんだかゴージャス。

e0011321_19472877.jpg

 こちらの天使くんも、今年の新人さん。手に持ってるモノが少しずつ違ってるのが6人(ヒトじゃないし6匹?それとも羽があるし6羽?シッポはないし6尾とは言わないよね。)ほどいらっしゃいます。ツリーてっぺんには針金細工のガブくんが居るし、このアンジーたちにはツリーの上の方にまとまって居てもらってます。そのへん、かなり鳥っぽいですねぇ。

e0011321_19524153.jpg

 で、今年のツリーのオイラ的密かなお気に入りが、コレ。
 雪だるまくん(スノーマン・・・なのかな?)は従来より居るんですが、今年新参の「プレゼント箱」を添えてぶら下げたところ、なんだか雪だるまがプレゼントぶら下げて飛んでるみたいで、イイじゃぁぁん!な気分。・・・ま、気付くヒトなんぞ、およそ居ないんですけどね。人知れず悦に入るってのは建築家の本分みたいなモンですし。
[PR]
# by kaz-105 | 2012-12-12 19:59 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(0)
少しずつ準備中
e0011321_19131455.jpg

 毎年毎年心づもりしてたタイミングからはずいぶんと遅れてしまうのだけど、今年も遅ればせながらやっと飾り付け完了。玄関先が少しばかり華やかになりました。
[PR]
# by kaz-105 | 2012-12-11 19:15 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(2)
好物、届く!!その4
e0011321_1945311.jpg

 南国生まれにとって、「みかん」は一生分を既に食ってしまった気分であるが、「リンゴ」はまだまだ食いたりてはいない。とはいえ、一度にそうたくさん食べられるものでもないので、当分の間楽しめそうではある。しかも、めっちゃ美味しいリンゴだし。感謝、感謝!!
[PR]
# by kaz-105 | 2012-12-10 19:48 | 本日の頂きモノ | Trackback | Comments(0)
好物、届く!!その3
e0011321_19152926.jpg

e0011321_1916588.jpg

e0011321_19162856.jpg

 時々遊びに来てくれる友人が持参してくれた「末富」の菓子。

 悔しくも哀しいかな、こればかりは東京に居たんじゃ手に入らず、味わいたくても味わえない。実のところ、こうして届けてくれれば味わえるようだが、「運搬時間」が経過してしまっているので京都で味わえる味とは少々異なるはず。ではあっても、まさに狂喜。届いて早々に「ティータイム」である。
 で、どれを誰が食べるのか、迷いまくる。

 ところで。
 「大きさ」もその魅力のひとつであった末富だが・・・何となく小さくなったような気がするんだけど、気のせいだろうか?
[PR]
# by kaz-105 | 2012-12-10 19:22 | 本日の頂きモノ | Trackback | Comments(0)
好物、届く!!その2
e0011321_19825100.jpg

 Facebookでとある友人のタイムラインに、「あぽぱい!」とだけコメントを書込んだら・・・届いた。お手製のアップルパイ。何と素晴らしい理解力と友情!!
 期待通りに、手加減ナシのガッツリと材料を使った「あぽぱい」は、ずっしり重くてすこぶる美味い!
[PR]
# by kaz-105 | 2012-12-10 19:12 | 本日の頂きモノ | Trackback | Comments(0)
好物、届く!!
e0011321_1901083.jpg

 このところ「紙製リース」で大活躍(嬉!)の親愛なる友人が、北の大地(というか、北の海?)の幸を送ってくれた。
 この「ししゃも」、そんじょそこらの「ししゃも」とは別物である。「ししゃも」に対する認識を改めさせてくれた。
 たかが「ししゃも」、されど「ししゃも」、である。
[PR]
# by kaz-105 | 2012-12-10 19:05 | 本日の頂きモノ | Trackback | Comments(0)
本日のお客さま
e0011321_16521999.jpg

 ほぉぉぉぉ。。。いわゆる、高級車ってヤツやぁぁ。

 クルマ好きではあるもののずいぶんと偏った好みなもので、この手の世界はまったくもってよく分からんのですが、納車されて間もないバリバリベカベカの新車にして、この車種でこの色はまだコレしか入ってないんだそうで。
 しばらくすると、そこらでよく見るクルマになるんだろうなぁぁと、ちょと「流行りそうな予感」のするクルマ。

 そこらでよく見るクルマといえば・・・やたらよく見かけてご近所にはいったい何台居るんだろうと不思議だった「カイエン」も、このところ見る機会が少なくなってきた。そのかわり、「4ドアの変なポルシェ」をよく見るんだよねぇ。どっちかってぇと(というか、明らかに)、同じ4ドアならこのBMWの方が「景色」としてイイと思う。比べちゃ失礼かも知れんけど。(あくまで、個人的な好みのハナシですからね!)

 せっかくだし、もう1枚。
e0011321_1772628.jpg

 テールランプんとこの造形が、かなり技ありで興味津々。

 ・・・ちなみに、かなり速いらしい。笑
[PR]
# by kaz-105 | 2012-12-03 17:02 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(2)
肉球カプチーノ
e0011321_1555814.jpg

 サロン・クロワートル名物、肉球カプチーノ。

 いや、ハートマークとか葉っぱ模様とか、はたまたクマさんとか、凝った絵柄を描く技術はないもんで、苦肉の策というか肉球の策というか。。。これなら、めちゃ簡単です。
[PR]
# by kaz-105 | 2012-12-01 15:10 | ぽよよんな日々 | Trackback | Comments(0)